活動内容

国内における安定的な誘客を確保するため、観光業界をはじめ県内の多様な企業や団体等と密接な連携体制を構築しながら、きめ細やかな国内プロモーションを図るとともに、「世界水準の観光リゾート地の形成」へ向けた人材育成や受入環境整備を地域と連携して行い、総合的な国内マーケット対策のプラットフォーム構築へ向け取り組みます。

国内プロモーション課

産業や地域を越えた連携体制を構築しながら、国内主要マーケットに対するマーケティング情報を踏まえた誘客イベントやメディア広告等の総合的プロモーションを展開し、年間を通じて楽しめる沖縄の魅力を効果的に発信、沖縄観光のブランド価値をさらに高めます。

国内需要安定化事業

県内外の企業団体等と連携しながら、沖縄で過ごす貴重な時間“黄金時間”をコンセプトに沖縄の旬の魅力を発信します。
また、路線別の主要マーケティング情報を踏まえ、市場のニーズに即した効率的かつ多層的な「旬香周島おきなわキャンペーン」を展開します。

メディアミックス事業

沖縄の旬の魅力を発信する「旬香周島おきなわキャンペーン」を軸とし、テレビ、新聞、雑誌、ウェブサイト等を活用し、首都圏、関西圏をはじめ、就航路線地域において沖縄観光の魅力を伝えることで、更なる誘客促進を図ります。

航空会社/旅行会社連携プロモーション

各航空会社、旅行会社のブランド力を活用し、沖縄の旬の魅力を発信する連携プロモーションを行います。首都圏、関西圏以外の地域においては、就航路線を運行している航空会社及び、各地方に拠点を置く旅行会社と連携し地方路線の強化を図ります。

九州・中部地区開拓事業

九州地域(山口圏域を含む)並びに東海地域(愛知・岐阜・静岡・三重他)の沖縄観光需要を拡大するため、観光業界を中心としたセールス活動及び情報収集を行い、それぞれの地域にあった観光誘客プロモーションを展開します。

沖縄関係県外イベント

首都圏、関西圏をはじめ、沖縄との直行便を結ぶ各就航都市で、継続的に実施している沖縄関連イベントのほか、季節毎のターゲットにあった新規イベントへも積極的に参加します。
また、沖縄関連の物産展や、旅行博覧会、地方ごとのイベントに参加し、 観光案内ブースを設置する他、ミス沖縄や芸能団などを派遣し誘客プロモーションを実施します。

テーマ別プロモーション

テーマ別マーケットの特性や現状に即した課題解決を図りながら、テーマごとに異なるターゲットに合わせた事業展開を行うとともに、各産業、市町村、県内関連事業者と連携したプロモーションや受入体制の強化を図り、国内外から選ばれるようなブランディングを強化します。

カップルアニバーサリーツーリズム

テーマをウエディングからカップルアニバーサリー(プロポーズ、ハネムーン、バウ・リニューアル等)に拡大し、国内外からの新規顧客層の獲得及びブランド力の強化を目指します。また、連絡会等の実施を通して、関連事業者、市町村等とともに官民一体となって連携し、受入体制の強化を図ります。

※テーマ内容拡大に伴い、今年度より「リゾートウェディング」から「カップルアニバーサリーツーリズム」へ名称を変更しております。

沖縄教育旅行

沖縄は、その独特な風土の中で育まれた歴史、文化など他県にない魅力に溢れています。学校のニーズに応える「歴史」「文化」「自然・環境」「平和」など全ての分野における学習ができ、また、リゾート地としての非日常体験も可能なことから、教育旅行実施地域としての総合力が高く評価されています。
国内外からの継続的な教育旅行の定着を図るため、様々な支援事業を実施し、満足度の向上を図りながら、新たな市場開拓に取り組みます。

※今年度より「沖縄修学旅行」から「沖縄教育旅行」へ名称を変更しております。

離島観光活性化促進事業

OKINAWA離島コンテンツフェア in ツーリズムEXPOジャパン2015

八重山圏域・宮古圏域・久米島・沖縄本島周辺15離島の特色を活かした産業振興と新たな展開の実現を目指し、各離島の誘客促進並びに受入体制強化を推進します。

支援事業

県外から沖縄離島に入る観光客の増加並びに国内チャーター便の定期便化に繋げることを目的に、国内チャーター便に支援を行います。

離島観光プロモーション

観光需要を喚起し、商品造成を促進するため、沖縄離島の最新情報等を紹介する「OKINAWA離島コンテンツフェア」の開催や、航空会社や旅行会社、イベント等と連携したプロモーション、マスメディア等を活用した情報発信、プロモーションツールの制作を実施します。

離島観光協会連携事業

観光協会や観光施設、物産関連企業等の地域の観光関係団体が参加する離島観光活性化促進広域連絡会を各圏域で運営し、沖縄各離島との密な連携を図ります。

沖縄観光誘客プロモーション

毎年テーマを定め、沖縄観光の飛躍を目指したさまざまなプロジェクト及び事業を行っています。家族旅行やカップルアニバーサリーツーリズムなどテーマ別に、Web及びリアルプロモーションを展開します。

旬の香りに出会う。旬の空気にふれる。沖縄×島めぐり
旬香周島おきなわキャンペーン

春夏秋冬それぞれに「三世代旅行」「家族・学生旅」「女子旅」「大人旅」など、ターゲットを特定した季節毎のプロモーション「旬香周島おきなわキャンペーン」を展開し、国内からの観光客誘致の基盤形成・目標達成につなげていきます。

県外事務所運営

OCVB東京事務所・西日本事務所では、主に観光・コンベンションの誘致宣伝活動を行なっております。事務所入口には、沖縄県内のさまざまな情報パンフレットも設置しており、一般の方もお気軽にご利用いただけます。

受入推進課

沖縄21世紀ビジョンで掲げられている「世界水準の観光リゾート地の形成」の実現に向け、「人材育成」と「地域連携」を大きな柱とし、『観光客の満足度向上』、『リピーターの獲得』、『国際観光地としての評価向上』、『雇用した人材の定着促進』を図るとともに、沖縄観光産業の地位向上と持続的発展を目指します。

観光人材育成センター事業

観光産業従事者の資質向上を図るべく各種研修や資格認定等を行い、ステータス向上による喜びと誇りを持てるよう支援します。
また、若年層に向けては、観光学習教材本の作成・配布や出前講習等を行い、観光産業の重要性や観光の持つ可能性への理解を深めます。

観光人材を育成強化する各種セミナーの開催

観光従事者の資質向上を目的とした各種セミナーを開催しております。

沖縄観光タクシー乗務員資格認定制度(ちゅら島観光タクシー)

沖縄を訪れる観光客のお客様に、あたたかい沖縄の心による接客と、深い観光知識を有する観光ガイドの専門家として認定を受けた「タクシー乗務員」を育成・認定する制度を設けております。

観光学習教材本作成事業

観光を通して沖縄の歴史・文化・自然などを学べる教材として『沖縄県"めんそ~れ~沖縄観光学習"教材』を作成し、平成18年度から沖縄県内全小学校(4年生)に無料配布し授業で活用されています。沖縄の自然、歴史、文化を紹介するほか、観光産業で働く人々の仕事内容や職場体験・見学の事前学習として挨拶の仕方などの接遇マナーも盛り込んでいます。

観光人材育成プラットフォーム構築事業

国際観光地としての沖縄の評価の向上を目指し、国内外の観光客が満足する質の高いサービスを提供できる人材を育成・確保するため、観光人材育成に関する研修事業を行う民間企業などの自主的な取組に対し支援を行っています。

ジョブシャドウウィング・インターンシップ(職場体験)

OCVBではジョブシャドウウィングやインターンシップなどの職場観察・体験を通して、将来や進路・仕事について改めて考え学ぶ時間を作っています。

沖縄観光受入対策事業

観光客の安全性を確保するため、予防対策の推進と関係機関と連携した課題解決に努めるとともに、台風時の安全対策など安心・安全な観光地づくりを推進します。
また、「観光の日」や「観光月間」を通じて、県民の沖縄観光に対する理解を深め、ホスピタリティーの意識高揚を図るとともに、観光地のクリーンアップ活動の実施、県内の教育機関及び宿泊施設へ花の飾花の呼びかけなどを通して、沖縄観光の魅力向上と受入体制の充実を図り、世界に誇れる観光リゾート地を形成します。

  • 沖縄観光安心安全ガイド

    沖縄観光安心安全ガイド
  • 台風時観光客対策協議会

    台風時観光客対策協議会
  • 観光月間

    観光月間
  • クリーンアップキャンペーン

    クリーンアップキャンペーン

外国人観光客受入体制強化事業

世界における沖縄ブランド定着のため、年々増加する外国人観光客の満足度の向上を柱に、受入に役立つツールの作成や、免税・翻訳支援などインフラ整備にかかる各種事業を行う他、観光事業者向けWebサイト「インバウンド.net」での情報発信などインバウンドに取り組む事業者をサポートし、国際観光地として必要な受入体制の構築を図ります。
さらに、県民向けの情報発信を通して外国人観光客に対する理解を促進し、おもてなしの気運向上を図ります。

外国人観光客受入環境整備・人材育成

国際観光地として必要な受入体制構築のために、受入に役立つツールの作成やインフラ整備など各種事業を行います。またインバウンドに取り組む事業者をサポートし、沖縄を訪れる外国人観光客の満足度向上を図ります。さらに、外国人向けの観光情報提供や問合せ対応を通じて、安心・安全のための観光地形成を図ります。また沖縄県地域限定通訳案内士試験対策セミナーなど、多言語対応のできる人材育成を支援します。

関係事業者との連携促進・情報発信

インバウンド連絡会を開催し、各種シンポジウムや意見交換、課題の共有を行い、観光関連事業者や各種団体との連携を強化します。また観光事業者向けwebサイト「インバウンドnet.」での情報発信により、各種事業の周知のみならず、海外事務所からのレポートや、各事業者の取り組み事例などを紹介し、広くインバウンド観光に関する理解促進を図ります。

ニーズの把握

観光関連事業者および観光客への各種アンケートやヒアリングの実施、観光客からの問合せ内容の集約などを通じて、課題やニーズを把握し、施策に反映させるよう努めます。