活動内容

各市場におけるマーケティング機能の強化を図ると同時に国内事業部・海外事業部と横断的連携を図り、ニーズを的確に捉えた事業を展開しています。また、沖縄コンベンションセンター、ブセナ海中公園、旧海軍司令部壕の管理運営を行っており、リゾートコンベンション、アフターコンベンションの充実を図っています。

総務課

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB)は、沖縄観光の強力かつ効率的な推進体制を再構築するため、観光とMICE分野を統合一元化した、「官民一体型」の推進母体です。 発足以来、多様化する国民の旅行動向や国内外観光先進地との熾烈な競争等に対応すべく、国内外における誘致宣伝事業の展開及び受入体制整備事業の推進や観光・リゾート関連産業の人材育成、多彩なイベントの開催などにより、新たな観光・リゾート産業の一層の活性化に寄与しています。

経営全般

組織、人事、給与など労働環境整備関連や、予算決算、財産管理、評議員会、理事会に関する事項など、経営全般に関する業務を遂行し、円滑な組織運営を目指しています。

賛助会員

観光関連の情報提供や、交流会・勉強会の開催の他、沖縄観光情報サイト「おきなわ物語」やガイドブックでの紹介など、会員に対する各種サポートを行っています。

収益事業・指定管理施設の運営

新規事業の開拓や、沖縄コンベンションセンター、ブセナ海中公園、旧海軍司令部壕などの収益事業施設・指定管理施設の管理・運営を行っています。

広報課

OCVBでは平成27年度より新たに「広報課」を新設しました。組織に関する情報や各部・事業所の事業内容について、OCVBコーポレートサイトや記者懇談会等を通じて幅広く発信します。また、一般観光客に向けては、観光情報WEBサイト「おきなわ物語(国内向け)」「Be.Okinawa(海外向け)」、Facebookを通じて国内外に広く観光情報を発信しています。また、多言語コンタクトセンターを通じ海外からの観光客に向けて各種情報を提供しています。

組織広報

組織に関することや各部・事業所の業務内容ついてウェブサイトやSNS、記者懇談会などを通じて広く発信します。

沖縄観光親善使節

国内外における沖縄観光関連公式行事において、本県の観光PRや親善交流を行います。

主な派遣先
沖縄関連イベント
ステージ上での沖縄観光PRや会場での観光宣伝物の配布など
空港での歓迎式
来沖された方々へのポストカード配布や花束贈呈など
物産展 
開催地の県庁やマスコミへの表敬訪問、物産展会場へ来場されたお客様へのストレリチア等の配布、観光PRなど

その他、募金や献血、骨髄移植などへのご理解、ご協力呼びかけに伴う街頭キャンペーンへの派遣も年に数回あります。

ミス沖縄

国内外における沖縄観光関連公式行事において、本県の観光PRや親善交流を担う「観光親善使節」として、1年間活動します。

2017年ミス沖縄

左から
スカイブルー 嘉数 晴花(かかず はるか)
コバルトブルー 町田 満彩智(まちだ まあち)
クリーングリーングレイシャス 島袋 愛梨(しまぶくろ あいり)

2015年活動実績

派遣延べ日数:621日 (1人平均207日)
派遣回数:412回 (1人平均約137回)
※2015年1月1日~12月27日の1年間

花笠マハエちゃん

沖縄に関するイベントなら、県内だけではなく、県外イベントへもお出かけしちゃいます。自称、4人目の“ミス沖縄” として、沖縄観光PRに日々奔走中!

プロフィール

花笠マハエちゃん(沖縄観光親善使節)
好奇心旺盛でアウトドア志向。
美味しいものを食べたり、いろんなトコへお出かけするのが大好き。
うれしくなると、カチャーシーをついつい躍りだしてしまう。

派遣に関するお問い合わせ

多言語コンタクトセンター

多言語コンタクトセンターは、沖縄県が提供する外国人観光客専用の公共サービスで英語、中国語、韓国語での観光案内や通訳サービス、災害時や緊急時のお問い合わせ対応などを行っています。
営業時間は午前9時より午後9時まで、年中無休で対応しております。
外国人観光客の方々が異国の地でも安心・安全で快適な旅をお過ごしいただけるよう、うとぅいむち(おもてなし)の心で多種多様なお問い合わせに対応いたします。

観光情報センター運営事業

本県観光情報をインターネットで発信するための沖縄観光情報ウェブサイト「おきなわ物語」では、日英中(繁体字・簡体字)韓の5言語に加え、フランス語、ドイツ語、ロシア語、スペイン語、ポルトガル語を加え、合計10言語での情報発信を行っております。また、新たな観光需要に対応できるようコンベンション、スポーツコンベンション、修学旅行の各サイトでの情報発信も行っております。

Be.Okinawaについて

外国人向け沖縄観光情報サイト「Be.Okinawa」で、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語など10言語で沖縄の観光情報配信を行なっております。また、Facebook、微博(weibo/中国版twitter)、instagramといったSNSを活用し、各市場のニーズに合わせた沖縄観光やイベント出展についての情報発信を行ない、ユーザーとのインタラクティブな関係構築を図っています。

フィルムツーリズム(企画課 沖縄フィルムオフィス)

平成15年度より映画やテレビドラマ等のロケ誘致活動をはじめ、ストーリーに沿ったロケ地探しや、許可申請などの調整、上映イベント等への協力など、撮影に関するさまざまな支援や情報提供を無償で行っており、これまで800を超える映像作品の支援を行いました。

フィルムツーリズム推進事業

沖縄をロケ地とした映像が国内外で発信されることで、沖縄独自の文化や豊かな自然をアピールし、沖縄の認知度・魅力の向上を図ることができます。それにより、沖縄を訪れる人が増え観光振興に役立てるとともに、大型撮影隊が地域に払う直接的な経済効果、地域の文化振興・物販の活性化も期待されることから、ロケ誘致とは「地域振興・産業振興」の手法のひとつなのです。

これまでの実績

  • 釜山国際映画祭 BIFFCOM 沖縄イベント

  • 沖縄国際映画祭での短編映画上映会

  • 香港フィルマート出展

  • 上映キャラバンin 座間味でのパネル展

  • 沖縄国際映画祭ロケ地ツアー

  • 上映キャラバンinベルリン

沖縄フィルムオフィスの役割

沖縄フィルムオフィスは、各市町村をはじめ沖縄県産業振興公社やロケーションコーディネート協会おきなわ(FGO)、国内のフィルムコミッションの連絡団体であるジャパン・フィルムコミッション(JFC)など、各種団体と連携・協力しながら、映像を通じた沖縄振興につとめてまいります。

スポーツツーリズム(企画課 スポーツチーム)

本県の温暖な気候、豊富なスポーツ施設、多彩なニーズに対応出来る宿泊施設、充実した航空路線、各種プロ・アマスポーツキャンプの受入実績、ホスピタリティ溢れる数多くのスポーツイベント等、沖縄の持つスポーツの魅力を最大限に活かし、スポーツアイランド沖縄の形成に取り組んでいます。

スポーツコミッション沖縄

更なるスポーツツーリズムの発展を目指し、平成27年4月「スポーツコミッション沖縄」を本格稼働いたしました。今後は、スポーツコンベンション誘致受入のワンストップ窓口業務を中心に、沖縄県・公益財団法人沖縄県体育協会と連携し、競技スポーツ・生涯スポーツ・スポーツコンベンションの一元的な推進を図ります。

受入体制整備

スポーツ大会主催者及び参加者、プロスポーツチームに対する歓迎の意を込めて大会開催支援等を実施する他、市町村や関連団体と連携し、受入体制整備を図ります。

  1. 大会開催支援
  2. プロスポーツキャンプ支援
  3. スポーツコンベンション開催実績調査
  • 大会開催支援

  • プロスポーツキャンプ支援

  • プロ野球キャンプ受入市町村担当者
    意見交換会の開催

  • スポーツコンベンション開催実績調

プロモーション

誰でも気軽にスポーツを楽しみながら旅をする“Sports+Trip” スポルトリップを提案。特にマラソン・サイクリング・ゴルフを中心に、国内外に広くスポーツアイランド沖縄をPRしています。

  1. 見本市等出展
  2. プロモーションツール作成
  3. メディア・旅行会社招聘
  4. メディアミックス
  5. プロスポーツチーム活用プロモーション
  • サイクルモードインターナショナル出展

  • 離島スポーツ観光セミナー

施設運営

観光関連施設の運営を行っております。

沖縄コンベンションセンター(指定管理)

那覇空港から北に約40分、東シナ海を臨む宜野湾シーサイドエリアに位置し、展示場、劇場、会議場、分科会場など4つの機能を複合させた県内最大規模のMICE施設です。周辺には、マリーナやビーチ、海浜公園、野外劇場、ホテルなど多彩な施設が隣接しているのもリゾート地・沖縄ならでは。昭和62年より県から受託運営を行い、平成18年度より当該施設の管理運営に係る指定(指定管理者)を受け、多目的でフレキシブルな機能を十二分に活用し各種MICEの誘致・開催サポートの先駆的推進力の役割を担ってまいりました。お客様目線での施設運営に努めるとともに、各種サービス体制の充実・強化を図り、MICE産業の更なる発展に寄与してまいります。

  • 会議場

  • ポーツイベント(展示場)

  • 劇場

ブセナ海中公園事業所

沖縄本島北部の景勝地である部瀬名岬のブセナリゾートエリアに位置し、紺碧のブセナの海中を満喫できる全天候型パノラマ海中展望塔や色鮮やかな熱帯魚の楽園を船上から俯瞰体験のできるグラス底ボートを管理運営しています。万国津梁館、ザ・ブセナテラスに隣接している立地条件を活かし、当該施設などで開催される国際会議などのアフターコンベンションの一翼を担うとともに、安全・安心な施設運用に努め、海中の未知なる魅力を広く知らしめるべく、積極的に運営を推進しています。

  • グラスボートより

  • 海中展望塔内

  • 海中展望塔からの眺め

旧海軍司令部壕事業所

旧海軍司令部壕は、太平洋戦争中の昭和19年(1944)に日本海軍設営隊によって掘られた施設で、カマボコ型に掘り抜いた横穴をコンクリートと杭木で固めた地下陣地には、4,000人の兵士が収容されていました。戦後しばらく放置されていましたが、数回に渡る遺骨収集の後、昭和45年(1970)に沖縄観光開発事業団によって司令官室を中心に300mが復元されました。現在、ビジターセンター内の資料館には戦争当時の遺品などが展示されているほか、壕周辺は戦跡公園として整備され、平和祈念や憩いの場として多くの人々に親しまれています。

  • 資料館内

  • 壕内

  • ビジターセンター

企画課

OCVBでは平成27年度より新たに「企画課」を新設しました。企画課では、国内事業部、海外事業部と横断的に連携した事業を実施します。各市場及び県内観光産業の実態調査・分析、映画やドラマ等を活用した情報発信、国内外で予定されるスポーツ大会・合宿・イベント等の誘致・受入、そして安心・安全・快適な観光地の形成に向けた観光危機管理の推進に関する事業を実施します。

観光産業実態調査事業

県を8地域(本島北部、中部、南部、那覇市、宮古諸島、八重山諸島、慶良間諸島、その他離島)に区分し、そこに所在する観光産業(宿泊施設、飲食店、交通機関、レンタカー、旅行業、観光施設、小売店等)の代表的な事業者をTSA分類(旅行観光サテライト勘定)により分類。約200社へ四半期毎の定点調査を実施することにより、観光産業から随時情報を収集する体制を構築するとともに、現状と課題について把握し、より実状に沿った施策立案の基礎資料とします。

OCVB News

賛助会員様向けサービスの一つとして、毎月1回「OCVB News」を発行しています。
「航空旅客輸送実績」、「国内外マーケットの動向」、「沖縄県・OCVBが取り組む事業の情報」等、観光関連事業者の皆様にとって有益な情報で構成しています。
また、「今後のプロモーション情報」についてもニーズが高いことから、国内・海外プロモーション、県外・海外イベントの最新情報などを、コンテンツ毎に分かりやすく、かつスピーディーに発信していくことを目指します。

観光危機管理推進事業

観光客の安心・安全を守るため、国、市町村、観光関連団体、観光事業者等と連携して危機管理体制の構築に取り組んでいます。災害等の危機が起こった時に、観光客の皆さんに速やかに情報を伝えて避難誘導し、被害を最小限に抑えるための仕組みづくりを目指しています。

沖縄フィルムオフィス(フィルムツーリズム)

本県の温暖な気候、豊富なスポーツ施設、多彩なニーズに対応出来る宿泊施設、充実した航空路線、各種プロ・アマスポーツキャンプの受入実績、ホスピタリティ溢れる数多くのスポーツイベント等、沖縄の持つスポーツの魅力を最大限に活かし、スポーツアイランド沖縄の形成に取り組んでいます。

スポーツチーム(スポーツツーリズム)

更なるスポーツツーリズムの発展を目指し、平成27年4月「スポーツコミッション沖縄」を本格稼働いたしました。今後は、スポーツコンベンション誘致受入のワンストップ窓口業務を中心に、沖縄県・公益財団法人沖縄県体育協会と連携し、競技スポーツ・生涯スポーツ・スポーツコンベンションの一元的な推進を図ります。