組織について

日頃から皆様には沖縄の観光振興に格別なるご支援とご協力を賜り心から感謝を申し上げます。

沖縄観光は、第5次沖縄県観光振興基本計画が改訂され、2021年度に向けた目標は、入域観光客数1,200万人、観光収入1兆1,000億円へ上方修正されました。入域観光客数の内訳では、国内客800万人、外国客400万人(空路・海路ともに200万人)と掲げられています。
その達成のためには、沖縄への玄関口でもある空路・海路ともに既存就航路線需要の拡充や新規路線需要の獲得、お客様の目的や視線に沿った誘客力の強化や受入体制の更なる整備など、多角的な施策の確実な実行が必要であります。

OCVBの役割は、「沖縄のソフトパワー」を県内にくまなく浸透させ、磨き上げ、積極的に創造していくことです。
そのためにも、私達は「感動・創造」を指針として掲げ、訪れる人々に感動をもたらす施策を立て、県外から訪れる人々や沖縄県民をつなぐ役目として観光振興に取り組んでいきます。

今後とも、沖縄の観光振興に変わらぬご支援を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー 会長 平良朝敬