ピックアップ 注目の逸社

琉球神話が息づく「ハート」のまち 南城市

琉球神話が息づく「ハート」のまち南城市

琉球誕生の神話と伝説が残る地
愛をテーマに地域づくりプロジェクトが始動

2006年に佐敷町、知念村、玉城村、大里村が合併して誕生した南城市。 合併後の市の形がハートとなったことから、市民同士の助け合い、自然への感謝など、真心・愛・平和・信頼・感謝をテーマとした、「なんじょうハートプロジェクト」に取り組み、ハート型のロゴマークやイメージキャラクター「なんじぃ」も誕生しています。
世界文化遺産 斎場御嶽や国指定史跡の城跡など、多くの観光資源を持つ南城市。観光についてどういった取り組みをしているのかを伺いました。

観光客と環境に優しい地域を目指して
ボランティアが協力して行われた観光地周辺の清掃活動

ボランティアが協力して行われた観光地周辺の清掃活動

ボランティアの協力で環境整備
市民と一体となったまちづくり

観光にとって欠かせない取組の1つが「環境整備」です。観光に関する取組は観光協会が主体となっていますが、環境整備については市と連携して活動を行っています。 景観維持のために、ボランティアで331号線沿いや斎場御嶽の周辺の草刈りを実施し、市民と一体となって観光のための地域づくりを行っています。また案内板の整備も行っており、観光客に分かりやすい案内ができるように環境を整えています。
さらに、電気自動車(EV)の急速充電器を4ヶ所(1回500円)に設置し、CO2の削減も見込めるため、貴重な観光資源の保護にもつながると期待されています。

  • 観光地を明記した案内板を整備中

    観光地を明記した案内板を整備中

  • 看板にはご当地キャラの「なんじぃ」も

    看板にはご当地キャラの「なんじぃ」も

  • 電気自動車の急速充電器

    電気自動車の急速充電器

市民も観光客も楽しめる 健康と癒しの取り組み
絶景ポイントでの体験プログラム

絶景ポイントでの体験プログラム

絶景ポイントでヨガやウォーキングを
楽しく健康になれるプログラムが充実

心と体の健康を考えたウェルネス事業に積極的に取り組んでいる南城市。
運動と観光を一体にした、心身を健康に保つためのさまざまなプログラムがあり、市民同様、観光客も参加することができます。「しまさんぽ」というモデルコースではグスクめぐりも兼ねたノルディックウォーキングなどもあり楽しみながら運動ができます。
海を眺めながらのヨガプログラムなどもあり、実施場所の許可は市が行っています。知念岬公園やあざまサンサンビーチなど、イベントや体験などで場所を提供することが可能なものには、柔軟に対応可能とのことなので、イベント・コンサートや団体でのプログラムを計画されている方はぜひご連絡を!

  • サイクリングやウォーキングイベントも開催

    サイクリングやウォーキングイベントも開催

  • 県外からも多くの人が参加

    県外からも多くの人が参加

  • 知念岬でイベントの開催も可能

    知念岬でイベントの開催も可能

市の担当者から一言

南城市役所観光商工課主事屋我  健人

南城市役所観光商工課
主事
屋我 健人(やが たけと)

南城市グスク巡りコンサートとして、国指定史跡の糸数城跡や佐敷城跡などを活用したコンサートも行われています。
こういった史跡を生かすことができる新しいプランなども積極的に取り入れることができたら、と考えています。
今後は県外への南城市PRについて積極的に取り組んで行きたいと思っています。
南城市のマスコットキャラクターなんじぃも沖縄ご当地キャラ選手権(主催:Yahoo!トラベル)で1位を獲得しています。
さらに全国へとアピールしたいですね。