OCVB職員の仕事紹介

海外プロモーション課

主な業務内容

主事:山城 圭之慎(やましろ けいのしん)
主な担当業務:海外重点市場プロモーション等

私が担当している業務は外国人観光客の誘致・プロモーションです。沖縄県が重点市場と位置付けている台湾・香港・韓国・中国の4ヵ国を担当しています。
航空路線の誘致、トップセールス、現地の旅行博覧会への出展や、メディアを利用して沖縄に対する認知度向上を図ることなども行います。旅行社を招聘して新しい団体旅行商品をつくってもらえるよう働きかけたり、沖縄の企業と商談会を開くこともあります。さらに外務省や在外公館に行きビザ(査証)の緩和要請を行うなど、業務は多岐に渡ります。

入社のきっかけ

台湾でのプロモーション
世界中・異業種の方と知り合い、視野が広がりました

当初は特に観光の仕事を希望していたわけではありませんが、中国への留学経験を生かしたいと考えていました。OCVBの求人広告で自分の海外経験を活かせる仕事があることを知り、応募を決めました。この仕事をしていると、メディアの方、現場の施工会社の方や行政の方など、色々な業界の人と知り合えますし、世界中に友達が出来ました。相手の国の風土や文化を理解しようと努力し、敬意を持って接することが大事だと考えています。
また、為替の動きや現地の情勢を考えたりと、世界の動きに常にアンテナを張っておく必要があるので、広い視野を持てるようになったと思います。

やりがいを感じた瞬間・出来事

エバー航空就航式典
インバウンド増加の足掛かりに

入域観光客数や消費単価、滞在日数などの統計に、年度を通して取り組んできたことが数値として反映されているのを見たときにやりがい感じます。
また、ホテルから「海外観光客の割合が増えていて、消費単価も良いので売り上げが上がりました」という声を聞いたり、今まで観光客とは無縁だったような場所に沢山の海外観光客が来るようになったという成果も出ています。
地元や国内の方が気付かなかったようなポイントが海外の方には魅力的に映ったりするので、そういった価値観の違う層を呼び込めることが、海外から観光客を誘致する意義だと思っています。

今後の課題

海外を相手にした新しいビジネスの可能性にも期待しています!

県民のみなさんがこういった観光の波及効果を感じることが出来るかというと、まだまだ限定的だと思います。
例えば今までは当たり前にあった県産品だけど、海外の方の視点で見るとそこに新しい価値が見出されるかもしれない。
観光客の方が増えることで、沖縄に訪れて知ってもらうことで、新しいビジネスチャンスが生まれるかもしれません。
その良い効果を観光業以外の方へも実感してもらうことができるよう、さらに努力していきたいです。
外国人観光客を誘致することは、国際交流の機会を作り出すということ。
国際交流を通して、他者への理解、海外への興味喚起、海外の先進的な取り組みの吸収、異文化への敬意といった、沖縄の産官学の将来とっても有益になるよう、尽力したい。

MICE戦略推進課

主な業務内容

主事:古波蔵 修平(こはぐら しゅうへい)
主な担当業務:国内・海外MICE統括等

私が所属している部署では、MICE※1と呼ばれる旅行形態を主に取り扱っています。企業の研修・報奨旅行や会議、学術や産業の発展に関わる会議や展示会などの沖縄への誘致活動とサポートが主な業務です。
国内外におけるMICE誘致のための商談会、沖縄県とOCVBで主催する旅行会社や主催者向けの説明会、キーパーソンの招聘などを通じた誘致活動を行いつつ、実際に沖縄県内で開催される案件に対して情報提供や経済的・物的な支援活動を行い、主催者や参加される方々が次回も沖縄を開催地として選んで頂けるようにサポートを行っています。
MICEは個人の旅行マインドによる影響を受けにくく、沖縄開催が決まれば一定程度の訪沖客数を一手に獲得できる分野であることが一般観光と違った大きな特徴です。

入社のきっかけ

外国企業との商談会などで得意な英語が活きる

OCVBに入社する前は旅行や観光とは全く違う仕事をしていました。大阪でメーカーの営業を経験し、帰郷して県庁で臨時職員として働いていたところ、県庁の方から勧められたことがきっかけで求人に応募しました。得意な英語を活かした仕事がしたいという希望に合致していたことが背中を後押ししました。

やりがいを感じた瞬間・出来事

訪れた方の「来て良かった」が何よりの喜び

前職では自分の仕事が何かの役に立てているのか実感することが出来ませんでしたが、OCVBでは、仕事の成果は最終的には沖縄の発展に繋がっている、と思えるようになりました。
海外旅行社の方やMICE主催関係者など、沖縄のことを知らない方と商談会を通して何度かお会いするうちに、顔を覚えてもらい、人の繋がりが広がっていきます。世界から見ると小さい沖縄がどんどん海外の方に知られていくことを実感します。また、誘致した報奨旅行や国際会議で実際に訪れた方の「来てよかった」「居心地がいいね」など嬉しい声を聞けた瞬間、やりがいを感じます。

印象に残った出来事

海外における説明会でのプレゼンテーション

今までで一番印象的だったのは約2年かけて誘致したとある国際会議です。沖縄での視察でMICE施設のロケーションを見て一目で気に入ってくださり、沖縄で絶対やる、という意見にかわりました。
沖縄の土地の力を感じた瞬間でした。
その国際会議は実際に開催され、アジア、さらにヨーロッパなど遠方から多くの方が沖縄に来てくださいました。
通常の観光のプロモーションと違い、この場所で開催すると目的を達成できる、という一歩踏み込んだPRが必要です。
今後も人脈を広げていって、もっとたくさんの繋がりをもち、沖縄に来ていただけるよう、世界へ働きかけて行きたいです。

※1(MICE = Meeting(ミーティング)、Incentive(インセンティブ)、Convention(コンベンション)、Event(イベント)/Exhibition(エキシビジョン))