2017.08.24
沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、沖縄21世紀ビジョンで目標としている世界水準の観光リゾート地の実現に向け、外国人観光客への受入体制強化を目指し、「観光業界向け外国人雇用に関するセミナー」を開催いたします。

平成28年度の沖縄への外国人入域観光客数は、初の200万人台を記録しました。このような現状を受け、県内の観光機関では、急増する外国人観光客へ対応できる人材の確保が急務の課題となっています。OCVBでは、平成28年度に福建省(中国)、台北(台湾)において海外在住で日本語を学んでいる優秀な外国人材と県内観光関連関係企業とを結ぶ就職相談会を開催し、語学に長けた人材の確保を支援いたしました。本セミナーでは、今年度の県外・海外における就職相談会の告知や前年度当該事業を活用し実際に海外から優秀な人材を雇用されている企業による外国人材の受入体制について発表いただきます。また、社会保険労務士による外国人を雇用する際の留意点についての報告も行います。

OCVBは、グローバル人材と企業のマッチングを支援することで、県内観光関連企業の受入体制の強化を図り、国内外の観光客が満足する高いサービスを提供できる人材の育成・確保を目指します。

<実施概要>
主 催:沖縄県、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー
日 時:平成29年9月13日(水) 10:30~12:00(10:00受付開始)
場 所:ロワジールホテル那覇(沖縄県那覇市西3-2-1)
対象者:沖縄県内における観光関連事業者
定 員:100名※参加費無料(ただし、1社2名まで)

※詳しくは下記をご覧ください
https://inbound.ocvb.or.jp/oin/event/845



 

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 山城、高見
TEL 098-859-6129