2017.11.16
沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良 朝敬、以下OCVB)は、本県の受入体制強化、および国内外の観光客が満足する質の高いサービスを提供できる人材の確保を目指し、平成29年11月6日(月)に釜山(韓国)にて開催された「Busan・Seoul Career Vision 2017」において沖縄ブースを出展いたしました。

「Busan・Seoul Career Vision 2017」は、釜山広域市にいる海外で働きたい人材と海外の企業をマッチングするため、韓国雇用労働部が主催する大型の求人イベントです。
今回のイベントのメインステージでは、日本で働きたい人材に向けて、沖縄の観光業で働く魅力について紹介。さらに沖縄ブースでは、11社の観光関連企業が個別に会社説明や面接などを行い、全社合計123件のマッチングを支援いたしました。出展企業からは「宿泊業の人気があるように感じた」「日本語レベルの高い人材がいた」とのお声を聞くことができました。
また、日本の中で唯一沖縄県だけが1つの県として特別ブースを設けることができたので、釜山の求職者に対し沖縄の観光業で働ける機会が多いということをPRすることができました。

OCVBは、今後も県内観光産業による県外・海外でのグローバル人材の確保を推奨し、沖縄の受入体制強化を図ってまいります。


■概要
「Busan・Seoul Career Vision 2017」
主催:韓国雇用労働部
主幹:KOTRA(大韓韓貿易投資振興公社)・韓国産業人力公団
会場:BEXCO 第2展示場4C、Dホール(釜山広域市海雲台区APEC路55)
日時:平成29年11月6日(月) 10:00~17:00
出展企業:11社
マッチング数:123件

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 山城・高見
TEL 098-859-6129