2018.02.01
 沖縄県・ワールドカフェ2018実行委員会・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良 朝敬、以下OCVB)は、沖縄空手会館にて沖縄観光における人材育成について関心のある方にお集まり頂き、話し合いを行う意見交換会「沖縄観光の人材創出を考える~ワールドカフェ2018~」を開催いたしました。

 沖縄が世界水準のリゾート地となるためには、持続的な人材育成が必要であり、そのためには観光産業の関係者がセクターや職位の枠を越えて連携することが不可欠です。また一方で、観光産業は恒常的な人材不足に悩まされており、人材の確保・育成を合わせた「人材創出」が課題となっています。このような課題を踏まえ今回は、沖縄観光に携わる関係者が一堂に会し、人材創出についての問題意識を語り合う中で具体的な方策のアイディアを出し合い、自分事として行動に移すためのきっかけとして頂くため、本イベントを開催いたしました。

 当日は学生を含む120名の参加者が集まり、沖縄観光が抱えている人材に関する課題や現状の共有、本県で観光業に就くことの魅力をどう発信出来るか、ステータスを向上させる方法はないか、など想い想いに語り合って頂きました。
前半は「沖縄観光が持続的に発展するための「人材創出」とは?」というお題のもとディスカッションを行い、後半は「沖縄観光の持続的発展にむけた人材創出のために、あなたは誰と協力して何に取り組みますか?」というお題に変更して進行。各々自分事として考えてもらうよう、同じようなアイディアを持つ者同士でグループを作り、実際に行動するためのアクションプランを作成していただきました。結果、参加者の皆様より13件の企画案が挙がり、この中から実現する企画も出てくることが期待出来ます。

 入域観光客数の増加が見込まれている今日、受入体制の強化は不可欠です。その中でも人材創出は最重要課題であり、一朝一夕で改善出来るものではないため、継続した取組みが必要です。今後もOCVBは、各組織・各自の人材創出の手助けとなる支援や場の提供に取り組んで参ります。


■参加者の声
・様々な方と意見を交換したり、聞いたりしているうちに、イベント開始時には「全くできないのでは・・・」と思っていたことが実現に向かっていくことが印象的だった。
・[学生]業界の方々のとても熱意のあるお話を聞き、業界をみんなで良くしていこうという思いがすごく伝わって貴重な体験となった。
・イメージが具体化される作業が楽しかった。
・沖縄の観光に携わる人がこんなにも多いこと、このような場が沖縄観光を支えていると感じた。
・様々な業種の方と出会えたことと、いろいろな角度から一つの問題解決の糸口を探すことができた。

■実施詳細
日時:平成30年1月23日(火) 10:00~17:00
会場:沖縄空手会館 (豊見城市字豊見城854-1)
テーマ:沖縄観光の人材創出について考える
内容:
第1部 ワールドカフェ-「人材の育成?それとも創出?」
第2部「まずはやってみよう」を創り出す分科会
参加者数:約120名
 
※今回出された13件の企画案は下記よりご確認下さい
https://sites.google.com/site/wc2018quick/

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 新垣、高見、冨井
TEL 098-859-6129