2015.09.17
(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(以下 「OCVB」)は、
8月28日、29日の2日間、札幌市大通公園にて開催された
「2015北海道マラソンEXPO」に沖縄観光PRブースを初出展いたしました。

同EXPOは、8月30日の「2015北海道マラソン」の事前エントリー会場にて
開催されたイベントで、出場ランナー約18,000人を含む多くの方々が来場されました。

今年で29回目を迎える同大会は、北海道においてはサマースポーツの
フィナーレを飾る一大イベントとされています。
それ以降はウィンタースポーツのシーズンへと突入する一方、
沖縄は10月から本格的なマラソンシーズンを迎えるため、
北海道と沖縄ではマラソンに適した季節が真逆となります。
マラソンにおいては「夏は北海道、冬は沖縄」といったランナーの双方向交流を
目指すことが可能であることに着目し、今年から北海道を沖縄へのスポーツ
観光誘客における“新規市場”と位置づけプロモーションを展開いたしました。

沖縄ブースに来場された皆さんは、那覇-新千歳の直行便(毎日1便就航)や
沖縄県内に約30のマラソン大会があることを初めて知る方も多く、
「冬のマラソン計画は沖縄にしよう」という嬉しいお声を多く頂きました。

EXPO会場のステージイベントや、大会当日のゴール間際に設置した
「沖縄応援団エリア」において、三線やパーランクー、指笛などで賑やかに
声援を送り、ミス沖縄とともに、多くのランナーに向けて沖縄を印象付けました。

 OCVBは、マラソンを通した沖縄と北海道の相互交流を、今後も継続して促進してまいります。

 【実施概要】

日 時:平成27年8月28日(金)~30日(日)
場 所:北海道札幌市大通公園
主 催: 2015北海道マラソン組織委員会
出展社数:10ブース

この件に関するお問い合わせ

部署名 企画部 企画課
担当者 溝口、名嘉山
TEL 098-859-6126