2015.11.17
沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、10月20日(火)~22日(木)までの3日間、沖縄MICEの最新情報を集めた「沖縄MICEプロジェクト2015」を開催いたしました。
※「沖縄MICEプロジェクト2015」とは、国内・海外のバイヤー(旅行社等)を招聘し、北部・中南部のインスペクション、沖縄MICEナイト、沖縄MICEコンテンツトレードショーを指します。

本プロジェクトは、沖縄MICEの一大イベントであり、今年で8回目を迎えます。国内外の招聘バイヤー(旅行業者、MICE主催者)を招聘し、インセンティブ(企業旅行)や国際会議の誘致を行い、沖縄MICEをブランドとして確立することを目的としています。
 
<招聘者数>
【海外バイヤー】65名
北京6名、上海14名、香港8名、台湾5名、韓国6名
シンガポール4名、マレーシア9名、インドネシア2名、タイ10名
【国内バイヤー】31名
東日本20名、西日本11名
【学会主催者】20名
【国内外メディア】10名(海外5名、国内5名)
 
■沖縄MICEナイト【10月20日(火)ガンガラーの谷(南城市)】
ユニークベニュー(歴史的建造物、文化施設や公的空間等)として、ガンガラーの谷で開催。世界にも珍しい洞窟ということもあり、日常では味わうことの出来ない特別なひと時となりました。
沖縄料理やぜんざい等の食事、泡盛や地ビールでもてなすとともに、オープニングの琉球舞踊(四つ竹を)では、沖縄ならではの雰囲気を演出し、粒マスタード安次嶺によるパワー溢れるパフォーマンス、メインアトラクションとして心地よいラテン音楽と沖縄文化をミックスさせたディアマンテスのライブは参加者を盛り上がり、大盛況のうちに幕を閉じました。
 
■沖縄MICEコンテンツトレードショー2015
【10月21日(水)沖縄コンベンションセンター(宜野湾市)】
 ホテルや観光施設、地域観光協会など、過去最多の61社が出展し、招聘したバイヤー、学会キーパーソン、メディア及び一般参加者を含めると557名もの方にご来場いただきました。
商談は、約480件の事前商談マッチングがあり、当日25件ほど商談があった出展事業社からは、「想定していたより多くの商談があり、実りのある商談会だった。」と感想をいただきました。
 
■インスペクション(視察)【10月22日(木)県内各地】
招待者を東アジアと東南アジア市場に絞り、県内MICE施設の視察を行いました。ホテルや観光施設の視察やチームビルディングプログラムを体験していただくとともに、国内外のMICE専門誌記者を10名招聘し、本プロジェクトの取材から沖縄MICEの最新情報を発信していただきました。
参加者からは、「新しいコンテンツの情報収集ができた。」「自分の顧客にお勧めしたい」といった感想をいただきました。
 
本プロジェクトを通して、国内外のバイヤーの皆様から沖縄MICEの関心の高さがうかがえました。今後も各MICE関連事業社と連携を図り、All沖縄で更なるMICE誘致に向けてプロモーションを図ってまいります。
 

この件に関するお問い合わせ

部署名 海外事業部 MICE戦略推進課
担当者 眞榮城、森、又吉
TEL 098-859-6130