おきなわ物価高対策支援金申請期間延長について

2023.01.18

 沖縄県では、新型コロナウイルス感染症の影響に加え、原油価格・物価高騰の影響を受けた事業者の事業継続を支えることを目的に、原油・物価高騰により影響を受けた中小法人・個人事業主を対象に、「おきなわ物価高対策支援金」を実施しています。
 この度、申請期間が2023年2月28日(火)まで延長となりました。ぜひご活用ください。

公式HP:おきなわ物価高対策支援金

【支援対象者】
以下のすべての要件を満たす事業者
①新型コロナウイルス感染症の影響を受けた事業者
②2022年4月〜6月において、原油高や物価高による影響を受け、燃料費、電気・ガス料金、原材料費※に係る経費が増加した事業者
③沖縄県内に本社・本店を有する中小企業等または県内在住の個人事業者
④国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を財源とする類似の支援金等を受給していない事業者 など
(例)✔沖縄県交通事業者安心・安全確保支援事業(バス・タクシー・トラック・船舶等向け)
   ✔粗飼料価格高騰緊急対策事業(畜産農家向け)

   ✔肥料価格高騰緊急対策事業(農業者向け)
   ✔飼料価格高騰緊急対策事業(配合飼料)(畜産農家向け)  
    ※原材料について
     事業者が物・サービスを製造・販売するために外部から購入した
     原料、
材料、物品等を原材料としています。
     (ただし、前年同月とで単価の比較ができるものに限ります。)

【支援額】
一律支援型▶︎法人:10万円(定額)/個人事業者:5万円(定額)
影響額審査型▶︎影響額を審査した上で、影響に応じ
       法人:最大50万円/個人事業者:最大25万円

※『一律支援型』『影響額審査型』を重複して申請することはできません。
※支給対象となる経費:燃料費、電気・ガス料金、原材料費
※支給は、1事業者につき1回限りとなります。(店舗ごとの支給ではありません。)
 
© Copyright Okinawa Convention & Visitors Bureau All rights Reserved.
Page Arrows