黒島 伸仁

職員インタビュー

仕事に目的と楽しみを見つけて、 自分の成長に繋げていってほしいです。

黒島 伸仁
Nobuhito Kuroshima
  • 総務部
  • 総務・経理課広報
黒島 伸仁

OCVBのどんなところに惹かれましたか?

業務に携っているうちに「やりがいの大きい仕事だな」と感じ、それで試験を受けて正職員になりました。
OCVBの業務は、「幸せにしたい人」の定義が大きい分、民間企業と比べてみても事業領域がものすごく広くて。
ここで関わる事業は「県民の幸せのために」という大きな目標のもと、色んなアプローチができる点がとても魅力的だと思います。

黒島 伸仁

普段はどんな業務を行っていますか?

広報活動の一環で、組織のイメージアップや、事業内容を紹介するための取り組みを行っています。
具体的にはWEB媒体や冊子、マスメディア向けの情報発信、記者会見の進行なども業務に含まれます。業務で関わる皆様とのやり取りを通じて、OCVBにおける広報業務の重要さを再認識しています。

黒島 伸仁

チームリーダーとしての役割は?

「一人ひとりが働きやすく、チーム全体の雰囲気をより良くするにはどうしたらいいか?」ということは常に考えています。
例えば私自身が行う外部とのやり取りは全員でシェアするようにして、風通しのいい雰囲気をつくること。
それから、子育て中のメンバーをみんなでサポートして、働きやすい環境がつくれるといいなと考えています。

どんな人が向いていますか?

正確な情報を発信するという点では、相手から受けた質問の意図や真意を素早く読み取る力がある方は、広報に向いていると思います。
私自身、カメラや音楽、動画編集等が好きで、好きなことが仕事に生きているという実感があります。
「何かを伝える」ということに喜びを見いだすことができると仕事を楽しめるようになると思います。

入職を希望する方にメッセージを

“仕事”は人生の半分ぐらいの時間を割くものだからこそ、
そこに自分の目的を重ねることで、より長く続けていけるのではないかと思います。

業務を通じていろんな人と出会い、日々を大切に楽しく。
そういった経験を積み重ねて、自分の成長に繋げていってほしいですね。まずはあまり構えすぎないで、ぜひラフな気持ちでOCVBにチャレンジしてみてください!

Daily schedule

08:30

出勤
朝一にコーヒーを飲んでスイッチを入れつつ、県内の新聞に目を通します。
新聞を読む際は広報としての目線から、 OCVBが発信した掲載内容の確認や、リリース情報のフィードバックの確認も行います。

10:00

デスクワーク
イベントの実施に向けた資料作りなどをします。

11:00

事業社さんとの打ち合わせ
外部と連携する業務も多々あり、特にイベント時期になると打ち合わせが多くなります。

12:30

ランチ
打ち合わせ時間などに変動があるため、フレキシブルにお昼休憩を取ることも。

14:30

面談
部長との調整、業務の進捗、チームメンバーの状況等の報告を行います。

15:00

デスクワーク
事業ごとに発生する細かな事務作業に、一つひとつ集中して取り掛かります。
定時退勤を目指し、ペースUP!

17:15

退勤
定時退勤が基本ですが、大きなイベントを控えている時期などは、残業を行うこともあります。

職員インタビューTOP

© Copyright Okinawa Convention & Visitors Bureau All rights Reserved.
Page Arrows