志伊良 早紀

職員インタビュー

若手の自分たちが積極的に動いて、 新しいこと・楽しいことを 仕掛けたい!

志伊良 早紀
Saki Shiira
  • 企画・施設事業部
  • 企画課
志伊良 早紀

入職のきっかけを教えてください

大学時代、建築学科で研究テーマとしていたのが「都市計画」で。地域の方と行政、街づくりの専門家を繋げるというワークショップを開催した経験などから、民間と行政の橋渡しをする役割に興味を持ちました。
そこで情報を集めていた時に、当時ご指導いただいた教授から「OCVBを受けてみたら?」という紹介を受けて。自分でもOCVBについて調べてみて、応募書類を提出することに決めました。

志伊良 早紀

職場はどんな雰囲気?

「観光危機管理」は沖縄県独自の取り組みなので、自分たちで勉強を続けないと専門性が蓄えられません。そのため、チームでは「何が沖縄の為になるのか」と、いつも熱い話ばかりしています。
私のような若手の意見も尊重してサポートしてくれる先輩たちばかりなので、とても風通しがいい職場だと思います。

志伊良 早紀

入職後、どのように成長できましたか?

入職してからは、先輩の動きを見ながら現場で学ぶことが多かったですね。
また、最近では受け身で学ぶだけでなく、自分たちから行動を起こして、若手職員で集まって勉強会を開催しようと調整しています。 そんなところも、私自身が一番変化を感じている部分かもしれません。
学生の頃は疑問に思ったことでも、質問をすることも意見を言うことも中々なかったので。OCVBに入職してからは、自分からたくさん質問するようになりました。

女性が働きやすい環境ですか?

ちょうど今年から女性の人材育成を目的とした「てぃるる塾」という県の事業が始まり、OCVBからも私を含む女性4名が代表して講座を受講しています。
その講座を通していっそう実感したことが、職場内の男女比率や女性管理職の比率の観点で見ても、OCVBはすごく恵まれた環境だということ。
男女による差別を感じたことは一切なく、休みもきちんと取れるので、子育て中の職員も働きやすい環境だと思います。

自分なりのリフレッシュ方法は?

私の一番簡単なリフレッシュ方法は、たくさん寝ること(笑)。あとは外に出ていろんなものを見て、聞いて、おいしいものを食べることも、いい気分転換になっています。
入職3年目の時期ということもあり、業務のことで悩んだり、考え込んだりすることも多々あります。
でも、そんな時にも「今やれることをやろう!」と自分の業務と日々向き合っています。そんな自分へのご褒美に、今年はたくさん旅行に行ってリフレッシュしています!

Daily schedule

07:45

出勤
一日のスタートダッシュを気持ちよく切れるように、始業時刻よりも早めに会社に着き、新聞に目を通して、一週間のタスク作成を行うのが日課です。

08:30

メールチェック、チーム内のスケジュール確認

09:00

チームミーティング
進行中の業務の進捗を共有するほか、ディスカッション形式を意識しながら、活発に意見を交換しています。

11:00

外出
外部の団体や事業所等との打ち合わせや調整を行います。

12:00

ランチ
持参のお弁当を食べたり、時にはチームのメンバーと女子会気分で外食するのも楽しみのひとつになっています。

13:00

デスクワーク
午後いっぱいの時間を使って、資料作成やモニタリングなどの内部業務を行います。

17:15

退勤
特に水・金曜日はNO残業デーなので、定時に帰宅してしっかり休むようにしています。

職員インタビューTOP

© Copyright Okinawa Convention & Visitors Bureau All rights Reserved.
Page Arrows