2017.02.23
沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良 朝敬、以下OCVB)は、県内のMICE誘致推進にあたり、専門的なスキルやノウハウを持ったMICEに商機を生み出せる人材の育成のため、先進的な取り組みや情報を現地にて得ることを目的とした、海外先進事例視察研修を実施いたしました。

このたび研修を実施した韓国の済州道は、沖縄県と似た環境(島しょ地域)でMICE誘致・受入整備に力を入れており、また東アジアのなかで常に競合先となるデスティネーションであることから研修先として選択されました。
現地では、ノンバーバルエンターテイメント「NANTA」視察やMICEユニークベニュー施設としてBONTE MUSEUM、Camellia Hill、THE SEAES HOTEL、Teddy Bear Museumを訪れ施設説明を伺うことができました。さらに、JEJU International Convention Centerでは施設内の各会場、国際会議を誘致するにあたっての取り組み等を伺いました。
済州のコンベンション&ビジターズビューローでは、マーケティング部長より「済州道のMICE振興戦略について」講演を聞くことができました。ここではお互いのMICE誘致に関する取組等も意見交換出来ました。
済州は世界自然保護に関する国際会議の誘致にも力を入れているということで、世界自然遺産の万丈窟(マンジャングル)の視察や、同門在来市場でのチームビルディング体験も行いました。本研修を通して競合先である地域の取り組みや官民の連携と役割について学ぶことで、本県および今回参加頂いた各企業の課題見直し、可能性の拡大に役立てる機会となりました。

今後予定されている大型MICE施設建設や那覇空港第二滑走路増設等の受入整備拡張に伴い、MICEビジネスに係る専門的なスキルやノウハウに長けた人材育成が急務となります。OCVBは、今後もMICEに商機を生み出せる人材の育成に繋がる支援に取り組んで参ります。


<研修概要>
日 時:平成29年2月7日(火)~2月10日(金)
目的地:韓国 済州道
参加者:6社9名








 

この件に関するお問い合わせ

部署名 国内事業部 受入推進課
担当者 新垣・照喜名
TEL 098-859-6129