2017.05.23
沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、増加する外国人観光客の満足度向上を目的に、多言語コンタクトセンターを運営しており、このたび平成28年度の事業分析報告書が完成しました。(平成28年度外国人観光客受入体制強化事業「多言語情報発信・受入サポート事業」)

昨年度は2月の那覇―バンコク間の直行便就航に合わせてタイ語での対応も開始し、4言語での問い合わせ対応を行いました。また、外国人観光客のニーズの多様化により、詳細な観光に関するお問い合わせが増えたと同時に、ニーズに対応できる事業者不足が課題として浮き上がりました。

OCVB多言語コンタクトセンターでは、三者間通話(外国人観光客・通訳事業者・OCVB職員)にて、外国人観光客に向けてより詳細な情報を提供し、今後も更なる満足度向上に貢献するともに、マーケティング分析を基にしたデータを関係各所と共有する事によりプロモーション強化にも貢献します。
今後も県民のみなさまをはじめ、観光関連事業者や外国人観光客に接する方々に対し多言語コンタクトセンターの周知を図り、県内事業者に向けて問い合わせ内容を考察した情報の提供を行うことで、県内受入体制の強化を目指してまいります。

■問い合わせ例
・交通機関 
   美ら海水族館に行くバスツアーを予約したいが、予約方法を教えてほしい。
・アクセス 
   空港に一番近いショッピングモールはどこか、アクセス方法と所要時間が
 知りたい。
・情報提供 
   沖縄のお寺へ観光、宿坊をしたいです。

■平成28年度対応実績(下段は前年比)


※電話、Skypeは主に沖縄滞在中の問い合わせ
※メールは主に沖縄旅行前の海外からの問い合わせ
※報告書掲載URL:http://www.visitokinawa.jp/oin/support/335

 

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入対策課
担当者 山田、川満
TEL 098-851-9678