2017.06.07
一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、沖縄本土復帰記念日となる5月15日に、大阪教育大学付属平野小学校(以下、平野小学校)5年生児童に対し、本県の文化、歴史、気候、産業等をテーマに沖縄空手会館にてオンライン授業を実施しました。

OCVBは、自主事業として沖縄観光意識啓発のため、主に県内の小中高生を対象に出前授業を実施しております。今回の試みは、社会科授業の一環として沖縄について学びたい!という平野小学校からの依頼を受け実現しました。
沖縄空手会館からネット回線を通じて行われた授業では、当館職員による沖縄空手の型や、三線の生演奏も披露。赤瓦の建物をバックとした実演により、沖縄の魅力や特徴を伝える良い機会となりました。また、実施日が沖縄の本土復帰記念日でもあることから、復帰前の様子や歴史についても授業内容に盛り込みました。「今日は、沖縄にとってどういう日か知っている?」という質問に対し、「本土復帰の日」とちゃんと回答するなど沖縄についてしっかり勉強している様子がうかがえました。
授業の中で特に関心を示してくれたのは、沖縄の野菜や効能、食文化について紹介したときで「すごい!こんな野菜見たことない!」「おいしいの?!」などの反応に加え、沖縄そばの実食リポートでは「沖縄に行って食べたい!」と子どもたちもとても興味深く話を聞いていました。

今後もこのような取組みを通して、県内外の小中高生へ「観光」という視点から沖縄の魅力を理解してもらい、沖縄観光の持続的な発展に努められるように取り組んでまいります。

【概要】
日  時:平成29年5月15日(月) 10:55~12:35
場  所:沖縄空手会館 屋外
対  象:大阪教育大学附属平野小学校5年生(105名)
授業内容:沖縄の気候、暮らし、家の造り、歴史、農業、文化、観光について
 

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 安次富、高見
TEL 098-859-6129