2017.10.24
一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、沖縄観光の基本方針となる県観光振興基本計画で設定している2021年度観光収入1兆1千億円、入域観光客数1,200万人などの目標達成に向け「平成29年度 第2回沖縄県地域観光協会等会議」を実施いたします。

当会議は、6月、11月、3月と年3回の開催を予定しており、各地域の観光協会及び関連団体(観光協会が無い地域については、商工会等)34団体と全県的な観光推進体制の構築、地域観光団体の運営体制の強化を図ることを目的に開催されております。6月に那覇市内にて開催された今年度第1回目の会議では、「各観光協会の組織運営における課題等」を議題として、各協会が抱える課題や自主事業の取り組みなど、直接現場の声を聞く機会を設け活発な意見交換を行いました。
そして、第2回目となる今回の会議では、開催地域である渡嘉敷村の事業紹介や第1回目に共有された現状や意見を踏まえ、改正旅行業法施行や課題解決型観光商品等支援事業の紹介を行い、今後の組織の自立化に向けた自主事業の取り組みについて意見交換を実施する予定です。

OCVBは、今後も本県のリーディング産業である観光業の施策を計画的・戦略的に展開していくために、当会議を通して県内各関連機関との観光推進体制の構築ならびに運営体制の強化を図り、定期的な情報交換、組織的な連携強化に努めてまいります。
 

                <概 要>
【日 時】平成29年11月9日(木)13:30~16:30(時間については予定)
【場 所】渡嘉敷村中央公民館
【出席予定者】地域観光協会等会長及び事務局長、市町村、沖縄県、OCVB
【次 第】自主事業の取り組みについての意見交換、渡嘉敷村事業紹介、
     沖縄県及びOCVBからの報告事項、等
【その他】当日の写真資料等が必要でしたら下記問い合わせ先までご連絡ください。

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 伊波、高見
TEL 098-859-6129