沖縄観光危機管理フォーラムin石垣島|沖縄観光コンベンションビューロー
2018.01.17
沖縄県・(一財)沖縄観光コンベンションビューローは、観光危機管理に関する知識の普及・啓発を目的とし、「沖縄観光危機管理フォーラム」を開催いたしました。今年度は、沖縄本島から遠隔地にあり、防災上不利な地理的条件を有す島嶼(離島)地域における観光危機管理に着目し石垣島で開催しました。離島での開催は初。

基調講演では、宮城県南三陸町役場の宮川様にご登壇いただき、東日本大震災からの地域再生に向け、観光を地域づくりの手段と考え観光事業で地域を元気にする取り組みを積み重ねたこと、また、日頃から官民一体となり連携する環境を整えることが重要である等、事例を挙げてお話しいただきました。ワークショップでは、石垣市と竹富町の行政、観光協会、観光関連事業者の皆さまにもご参加いただき、地震・津波発生時の避難行動対応の手順を体験していただきました。
参加者からは、「実際の経験を伺い、どれだけ想定外のことが起こるか分かった」「シミュレーションを行うことにより、これまで考えていなかったことを発見するきっかけになった」「今日学んだこと感じたことを、まず職場・家族に発信し共有したい」などの声をいただきました。

OCVBでは、今後も災害や危機に強い観光地を目指し、関係各機関と連携し本県の観光危機管理体制強化を図ってまいります。


<実施概要>
■日時:平成30年1月10日(水)13:00~17:00
■場所:ANAインターコンチネンタル石垣リゾート ボールルーム真栄里
■参加者:70名
■事業報告
・「安心安全な観光地づくり~観光危機管理への取組について~」
  沖縄県文化観光スポーツ部観光振興課 主査 松永樹氏
・「沖縄観光コンベンションビューローの危機管理計画について」
  (一財)沖縄観光コンベンションビューロー企画部企画課 課長 玉城信治
■取組報告
・「観光危機管理に関する取組と今後の展開について」
  石垣市総務部防災危機管理室 室長 大濱武氏
■基調講演
・「地域再生の力~震災復興から学んだ観光地域づくり~」
  宮城県南三陸町商工観光課 主幹兼観光振興係長 宮川舞氏
■ワークショップ
・「災害時、観光客をどう守る?~被害想定・避難誘導体験ワークショップ~」
  琉球国際航業株式会社 取締役 山﨑晴彦氏
 

この件に関するお問い合わせ

部署名 企画部 企画課
担当者 齋藤、上里
TEL 098-859-6126