活動内容

国や県をはじめ、関係各所と密に連携を図りながら、観光危機管理に関する先導的な取り組みを実施するとともに、観光産業における現状と課題を抽出・把握し、課題解決に向けた分析と施策の提案等を行います。また、沖縄観光の新たな基盤となる「新規観光プロジェクト」の実現に向け積極的に取り組むとともに、沖縄観光の起爆剤となる新たな観光資源を発掘、創造していきます。

企画課

沖縄観光の新たな基盤となる「沖縄観光振興プロジェクト」の実現に向け積極的に取り組むとともに、沖縄観光の起爆剤となる新たな観光資源を発掘、創造していきます。

広域連携DMO推進業務

世界水準の観光リゾート地を目指して

観光庁はじめ中央省庁、沖縄県、民間企業、日本観光振興協会、県内外DMO等多様な関係者と連携する一方、当財団においては組織横断的な調整機能を発揮し各部門と協力のもと、OCVB全体で効率的な観光地経営(DMO)を推進します。

広域連携DMOの3つの機能
①「地域の稼ぐ力を引き出す」ためのマーケティング機能
県内DMOや観光協会、民間企業等と連携し一連のマーケティング活動を行い、地域の「稼ぐ力」を引き出します。
②「多様な関係者との関係構築」のためのマネジメント機能
中央省庁や沖縄県、各種団体との連携強化を図り、県内においては上記①のマーケティングを行うことで生じる地域への影響を考慮し、持続可能な観光地域づくりを推進します。
③「受入環境整備」のためのマネジメント機能
沖縄らしい観光体験の提供、交通・情報インフラの拡充などを行い、「世界水準の観光リゾート地」を形成するとともに、関係各所と連携し、季節変動の平準化、雇用の安定化を目指します。

*DMOは「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人のこと。

観光危機管理支援対策事業

観光産業並びに観光客の安心・安全を守るため、国、市町村、観光関連団体、事業者等と連携して危機管理体制の構築に取り組みます。災害や危機が起こった時に、観光客へ速やかに情報を提供するなど、被害を最小限に抑えるための仕組みづくりを目指します。

自主事業等

沖縄県の新たな観光・MICE及びリゾート産業の一層の活性化に向け、自主事業を主体とした様々な企画提案や、高速船事業、海中展望塔改築事業、ロープウェイ構想事業、交通ターミナル構想事業などの新規観光プロジェクトの実現に向け、県内外の関係機関等と密な連携を図りながら本県観光基盤の強化に取り組みます。更に、本島内の慢性的な交通渋滞の緩和及び運転免許を持たない観光客の利便性向上のため、ちゅらチャリ運営事業(サイクリングシェアサービス)の強化を図っていきます。

施設事業

沖縄コンベンションセンター、旧海軍司令部壕事業所、ブセナ海中公園、沖縄空手会館の4事業所の中期、長期的な視点に立った事業拡大を図るため、本社の関係部署並びに各関係機関との更なる連携を強化します。また、各事業所における新規事業の創出も積極的に実施します。

ブセナ海中公園事業所

ブセナ海中公園事業所

沖縄本島北部の景勝地である部瀬名岬のブセナリゾートエリアに位置し、紺碧のブセナの海中を満喫できる全天候型パノラマ海中展望塔や色鮮やかな熱帯魚の楽園を船上から俯瞰体験のできるグラス底ボートを管理運営しています。万国津梁館、ザ・ブセナテラスに隣接している立地条件を活かし、当該施設等で開催される国際会議などのアフターコンベンションの一翼を担うとともに、安全・安心な施設運営に努め、海中の未知なる魅力を広く伝えるべく、積極的に事業を展開しています。

  • グラスボート

    グラス底ボート船内

  • 海中展望塔内

    海中展望塔内

  • 海中展望塔からの眺め

    海中展望塔からの眺め

旧海軍司令部壕事業所(指定管理)

旧海軍司令部壕事業所

太平洋戦争中の昭和19年(1944)に日本海軍設営隊によって掘られた施設で、カマボコ型に掘り抜いた横穴をコンクリートと杭木で固めた地下陣地には、4,000人余の兵士が収容されていました。戦後しばらく放置されていましたが、数回にわたる遺骨収集の後、昭和45(1970)年に沖縄観光開発事業団によって司令官室を中心に300mが復元されました。現在、ビジターセンター内の資料館には戦争当時の遺品などが展示されているほか、壕周辺は戦跡公園として整備され、平和祈念や憩いの場として多くの人々に親しまれています。

  • 資料館内

    資料館内

  • 壕内

    壕内

  • ビジターセンター

    ビジターセンター

沖縄コンベンションセンター(指定管理)

沖縄コンベンションセンター

那覇空港から北へ車で約40分、東シナ海を臨む宜野湾シーサイドエリアに位置し、展示場、劇場、会議場、分科会場など4つの機能を複合させた県内最大規模のMICE施設です。マリーナやビーチ、海浜公園、野外劇場、ホテルなど多彩な施設が隣接しており、リゾート地・沖縄ならではのリゾートMICEエリアになっています。昭和62年より県から受託運営を行い、平成18年度より当該施設の管理運営に係る指定(指定管理者)を受け、多目的でフレキシブルな機能を十二分に活用し各種MICEの誘致・開催サポートの先駆的推進力の役割を担ってまいりました。お客様目線での施設運営に努めるとともに、各種サービス体制の充実・強化を図り、MICE産業の更なる発展に寄与してまいります。

  • 会議場

    会議場

  • スポーツイベント(展示場)

    スポーツイベント(展示場)

  • 劇場

    劇場

沖縄空手会館(指定管理)

沖縄空手会館

平成29年3月4日にオープンした「沖縄空手会館」は、空手発祥の地・沖縄のシンボルとも言える施設です。那覇空港から車で約14分、OCVBが運営する旧海軍司令部壕からは5分にある豊見城城址公園内に位置し、道場施設のほか展示施設やショップ、飲食店も設置され、国内外の空手関係者とともに、空手経験のない方や観光客のみなさまにも楽しんでいただけます。その他、施設では通年での空手教室の開催、MICEや修学旅行生向け空手演武披露、各種研修やセミナー会場としての利用など、空港から近い文化体験施設として県内外そして国外からのお客様にPRを行って参ります。

  • 道場

    道場

  • 研修室

    研修室

  • 空手資料室

    空手資料室