活動内容

沖縄観光の安定的な発展のため、国内、海外での効果的なプロモーション事業を推進し、マーケットニーズに即した誘客活動の展開や、沖縄を結節点とするトランジット観光を推進するなど、観光地としての沖縄ブランドの確立に向け誘客活動に取り組みます。

国内プロモーション課

国内プロモーション課

産業や地域を越えた連携体制を構築しながら、国内主要マーケットに対するマーケティング情報を踏まえた誘客イベントやメディア広告等の総合的プロモーションを展開し、年間を通じて楽しめる沖縄の魅力を効果的に発信、沖縄観光のブランド価値をさらに高めます。

国内需要安定化事業

 県内外の企業団体及び沖縄観光ブランド「Be.Okinawa」事業と連携しながら、沖縄で過ごす貴重な時間“黄金時間”をコンセプトに沖縄の魅力溢れる観光情報を発信します。
また、路線別の主要マーケティング情報を踏まえ、市場のニーズに応じた効率的かつ多層的な旬の魅力を訴求します。

メディアミックス事業

テレビ、新聞、雑誌、ウェブサイト等を活用し、首都圏、関西圏をはじめ、就航路線地域に沖縄の魅力を伝え、かけがえのない時を過ごす旅先としての需要を喚起し、更なる誘客促進を図ります。

航空会社/旅行会社連携プロモーション

各航空会社、旅行会社のブランド力を活用し、沖縄の新しい魅力を発信する連携プロモーションを行います。首都圏、関西圏をはじめ地方の就航路線地域においても航空会社及び旅行会社と連携し路線の強化を図ります。

沖縄関連県外イベント

沖縄との直行便を結ぶ各就航都市で開催される沖縄関連イベントや、沖縄関連の物産展、旅行博覧会等に参加し、 観光案内ブースを設置するほか、ミス沖縄や芸能団等を派遣し、誘客プロモーションを実施します。

世界自然遺産登録に向けたプロモーション

鹿児島県の奄美大島、徳之島、沖縄県北部(国頭村、東村、大宜味村)、西表島のユネスコ世界自然遺産登録に向けて、鹿児島県と連携しながら両地域への誘客および観光振興促進を図ります。

テーマ別プロモーション

テーマ別マーケットの特性や現状に即した課題解決を図りながら、テーマごとに異なるターゲットに合わせた事業展開を行うとともに、各産業、市町村、県内関連事業者と連携したプロモーションや受入体制の強化を図り、国内外から選ばれるようなブランディングを強化します。

沖縄教育旅行

沖縄は、その独特な風土の中で育まれた歴史、文化など他県にない魅力に溢れています。学校のニーズに応える「歴史」「文化」「自然・環境」「平和」など全ての分野における学習ができ、また、リゾート地としての非日常体験も可能なことから、教育旅行実施地域としての総合力が高く評価されています。
国内外からの継続的な教育旅行の定着を図るため、様々な支援事業を実施し、満足度の向上を図りながら、新たな市場開拓に取り組みます。
また、沖縄教育旅行の受け入れに関連する県内の各市町村・観光協会・事業者と連携し、受入体制の拡充を図ります。

※平成28年度より「沖縄修学旅行」から「沖縄教育旅行」へ名称を変更しております。

運営サイト

「おきなわ修学旅行ナビ」は、当財団が運営する旅行会社や教職員のための修学旅行専門サイトです。本県の修学旅行誘致促進に資することを目的とし、沖縄への修学旅行を検討している学校関係者および旅行会社へ向けて、沖縄修学旅行の魅力やお役立ち情報、県外でのイベント告知など、広く発信しています。

離島観光活性化促進事業

OKINAWA離島コンテンツフェア in ツーリズムEXPOジャパン2015

八重山圏域・宮古圏域・久米島・沖縄本島周辺離島の特色を活かした観光振興と新たな展開の実現を目指し、各離島への誘客を推進します。

離島航空路開設・チャーター便支援事業

県外から沖縄離島に入る観光客の増加並びに国内チャーター便のプログラムチャーター化・定期便化に繋げることを目的に、離島への定期便未就航路線における国内チャーター便に対する支援を行います。

離島観光プロモーション

沖縄離島の観光需要を喚起し、商品造成を促進するため、航空会社やイベント等と連携したプロモーション、キャンペーンサイト「リトハク」や各種メディア等を活用した情報発信、プロモーションツールの制作を実施します。

離島観光協会連携事業

各離島の観光協会や自治体等、地域の観光関係団体が参加する連絡会や担当者会議を各圏域で運営し、、沖縄各離島との密な連携を図ります。

スポーツ観光誘客促進事業

年間を通じて温暖な気候の中、特に冬場に数多く開催されるスポーツイベント等、スポーツ環境の魅力を国内外へ発信し、スポーツアイランド沖縄のプロモーションに取り組みます。

  1. 県内スポーツイベントの情報収集
  2. プロモーションツール作成
  3. 国内外見本市への出展
  4. WEBサイト(スポーツアイランド沖縄)の管理運営
  5. 旅行社、メディア等の招聘、商談会への参加
  6. 県内スポーツ団体を活用したプロモーション
  7. スポーツコミッション沖縄との連携
  • スポーツ観光プロモーション

  • 見本市への出展

海外プロモーション課

海外プロモーション課

沖縄県観光振興基本計画(第5次)では、2021年度までの目標数値が観光客数1,200万人、観光収入1兆1,000億円と上方修正されています。OCVBでは、航空路線の提供座席数、クルーズ船の寄港回数、トランジット客の伸び率などを踏まえ、2019年度の外国人観光客数の目標値を324万人と設定し、外国人観光客とクルーズ客の誘致活動を強化します。
重点市場(台湾、韓国、香港、中国)、戦略開拓市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)、新規開拓市場(欧米豪露)において、航空路線ネットワークの強化、各種メディアを活用した情報発信、将来に向けたマーケティング活動やプロモーション展開を強化し、沖縄観光の更なる国際化を推進します。

デジタルマーケティングチーム

近年、オンラインで旅行予約や情報収集を行うFIT旅行者(団体旅行やパッケージツアーを利用することなく個人で行く旅行)が増加しており、オンラインメディアの活用が重要となってきています。デジタルマーケティングチームでは、オフィシャルサイト、SNS等を通して国内外へ向け沖縄の情報を発信していくだけではなく、OTA(WEB上で取引を行う旅行会社)や他旅行サイトと連携し、沖縄の認知度の向上、誘客を図ります。

運営サイト

本県観光情報をインターネットで発信するため沖縄観光情報ウェブサイト「おきなわ物語」では、日英中(繁体字・簡体字)韓の5言語に加え、フランス語、ドイツ語、ロシア語、タイ語の合計9言語での情報発信を行っております。また、新たな需要に対応できるようコンテンツごとのサイトも展開しており、FacebookなどのSNSを活用し多角的な情報発信に努めます。

各エリアでのプロモーション展開

重点市場(台湾・中国・香港・韓国)に加え、観光客数が急激に増加しているASEAN地域や世界的に大きな旅行マーケットである欧州、北米など、各地域ごと、ニーズに合わせたプロモーションを展開しております。

重点市場

台湾、韓国、香港、中国の四市場において、航空路線網のさらなる強化、高付加価値の旅行商品造成、リピーター化の促進、沖縄の観光地としてのイメージ向上を目指したリブランディングの展開を図ります。

地域別海外誘客プロモーション計画 台湾(PDF2.2MB)
地域別海外誘客プロモーション計画 中国(PDF2.6MB)
地域別海外誘客プロモーション計画 香港(PDF2.5MB)
地域別海外誘客プロモーション計画 韓国(PDF2.3MB)

戦略開拓市場

ビザ緩和などにより日本への観光客数が急激に増加しているタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム等において、定期便就航に向けた路線誘致活動、チャーター便の運航促進、トランジット商品造成、メディアミックスによる情報発信を強化し、ASEANからの観光客入域者数の拡大を図ります。また、全世界の人口の23%(約16億人)を占めるムスリムの誘致及び受入体制整備を進めます。

平成31年度 地域別海外誘客プロモーション計画 戦略開拓市場(PDF992KB)

新規開拓市場

世界的に大きな旅行マーケットである欧州、北米、豪州、ロシア等において市場動向の把握、関係者とのネットワーク構築、トランジット商品の造成、チャーター便の誘致活動、本県の知名度向上プロモーション等を展開します。新規開拓市場では団体旅行より個人旅行が主流であることを踏まえ、沖縄本島に加え離島地域へのFIT誘致を更に促進し、オンラインを活用した情報発信を強化します。

平成31年度 地域別海外誘客プロモーション計画 新規開拓市場(PDF1.54MB)

クルーズ

本県の外国人観光客数で大きなウェイトを占めるクルーズの推進を図るため、世界中の主要なクルーズ船社へのセールス活動、クルーズ商談会への参加、クルーズ会社キーパーソンの招聘、フライ&クルーズの推進等を通して、クルーズ船の寄港回数の増大を図ります。また、県内の港湾を所有する自治体等との連携を強化し、各港湾における受入体制の整備を進めます。

クルーズ情報はこちら

各種支援事業

海外と本県を結ぶ航空ネットワークの維持・拡充を目的に、直行便がない海外市場からの定期便就航及びチャーター便運航、旅行商品造成などを支援します。また、民間事業者の海外セールス活動を支援し、官民一体となった海外プロモーション活動の強化を図ります。

外国人観光客数の推移と目標

本県を訪れる外国人観光客数は順調に推移しており、平成30年度の外国人観光客数は300万800人となりました。今年度の外国人観光客のOCVB目標値については、航空座席提供数やクルーズ船の寄港予定回数などを考慮し、324万人と設定します。

Be.Okinawaについて

外国人向け沖縄観光情報サイト「Be.Okinawa」で、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語など8言語で沖縄の観光情報配信を行なっております。また、Facebook、微博(weibo/中国版twitter)、instagram、YoutubeといったSNSを活用し、各市場のニーズに合わせた沖縄観光やイベント出展についての情報発信を行ない、ユーザーとのインタラクティブな関係構築を図っています。

県外事務所

事務所入口には、沖縄県内のさまざまな情報パンフレットも設置しており、一般の方もお気軽にご利用いただけます。