誘客事業部

沖縄観光の安定的な発展のため、国内、海外での効果的なプロモーション事業を推進し、マーケットニーズに即した誘客活動の展開や、 沖縄を結節点とするトランジット観光を推進するなど、観光地としての沖縄ブランドの確立に向け誘客活動に取り組みます。

年間スケジュール

期間 エリア 事業項目 内容
期間
7/1~12/31
エリア
沖縄県内
事業項目
クルーズ関連
内容

【クルーズ船プロモーション事業】キーパーソン招聘

期間
7/1~2/28
エリア
沖縄県内
事業項目
クルーズ関連
内容

【クルーズ船プロモーション事業】離島紹介用動画制作

国内プロモーション課

産業や地域を越えた連携体制を構築しながら、国内主要マーケットに対するマーケティング情報を踏まえた誘客イベントやメディア広告等の総合的プロモーションを展開し、年間を通じて楽しめる沖縄の魅力を効果的に発信、沖縄観光のブランド価値をさらに高めます。

国内プロモーション課

国内需要安定化事業

県内外の企業団体及び沖縄観光ブランド「Be.Okinawa」事業と連携しながら、国内の沖縄旅行需要の安定確保を目指します。沖縄未来訪者を対象に、新規需要を開拓し、リピーター化を図るため沖縄の魅力溢れる観光情報を発信します。 また、路線別の主要マーケティング情報を踏まえ、市場のニーズに応じた効率的かつ多層的な旬の魅力を訴求します。

国内需要安定化事業

メディアミックス事業

テレビ、新聞、雑誌、ウェブサイト等を活用し、東名大福の大都市圏をはじめ、就航路線地域に沖縄の魅力を伝え、かけがえのない時を過ごす旅先としての需要を喚起し、更なる誘客促進を図ります。

航空会社/鉄道会社/空港等連携プロモーション

各航空会社のブランド力や、鉄道会社の消費者の生活に密着した多様なサービスを活用し、沖縄の新しい魅力を発信する共同プロモーションを行います。また、就航路線を有する空港や自治体と連携し、路線活性化を図ります。

旅行博・県外イベント

沖縄との直行便を結ぶ各就航都市で開催される沖縄関連イベントや、沖縄関連の物産展、旅行博覧会等に参加し、 観光案内ブースを設置するほか、ミス沖縄や芸能団等を派遣し、誘客プロモーションを実施します。

旅行博・県外イベント

メディア等招聘

ターゲットに合わせて効果的にリーチできるメディア等を選定・招聘し、沖縄の魅力の効率的な発信及び拡散を狙います。

世界自然遺産登録に向けたプロモーション

鹿児島県の奄美大島、徳之島、沖縄県北部(国頭村、東村、大宜味村)、西表島のユネスコ世界自然遺産登録に向けて、鹿児島県と連携しながら両地域への誘客および観光振興促進を図ります。

世界自然遺産登録に向けたプロモーション

離島観光活性化促進事業

八重山圏域・宮古圏域・久米島・沖縄本島周辺離島の特色を活かした観光振興と新たな展開の実現を目指し、各離島への誘客を推進します。

離島観光活性化促進事業

離島国内線チャーター便支援事業

県外から沖縄離島に入る観光客の増加並びに国内チャーター便のプログラムチャーター化・定期便化に繋げることを目的に、離島への定期便未就航路線における国内チャーター便に対する支援を行います。

離島国内線チャーター便支援事業

航空会社連携プロモーション事業

県外から各離島への直行便就航地域を中心に、各航空会社と連携・協力したプロモーションを行い、各離島の魅力を発信し、路線の認知並びに、経由便利用での来訪も含めた離島旅行への興味喚起を図ります。

メディアミックス事業

沖縄離島の魅力を各種メディア媒体で情報発信することで、島ごとに異なる離島観光イメージを定着させ、沖縄離島旅行未経験者市場の開拓及びリピーターの再訪を促し、国内における沖縄離島の更なる認知度向上・誘客を促進します。

15離島重点プロモーション

沖縄本島周辺15離島に重点を置いたプロモーションを実施し、各種メディアやSNS等を通じた各離島の露出の機会を増加させ、認知度の向上および来訪者の増加を図ります。

運営サイト「リトハク」

15離島重点プロモーション

旅行社・メディア等招聘

県外の旅行社やメディア等を招聘し、各離島の多様な魅力を実際に体験してもらうことで、各社媒体を通じた魅力発信や、商品造成に繋げ、新たな市場を開拓し、本島周辺15離島への誘客促進を図ります。

旅行社・メディア等招聘

離島観光協会連携事業

各離島の観光協会や自治体等、地域の観光関係団体が参加する連絡会や担当者会議を各圏域で運営し、沖縄各離島との密な連携を図ります。

教育旅行推進強化事業

沖縄は、その独特な風土の中で育まれた歴史、文化など他県にない魅力に溢れています。
学校のニーズに応える「歴史」「文化」「自然・環境」「平和」など全ての分野における学習ができ、 またリゾート地としての非日常体験も可能なことから、教育旅行実施地域としての総合力が高く評価されています。国内外からの継続的な教育旅行の定着を図るため、様々な支援事業を実施し、満足度の向上を図りながら、新たな市場開拓に取り組みます。
また、沖縄教育旅行の受け入れに関連する県内の各市町村・観光協会・事業者と連携し、受入体制の拡充を図ります。

教育旅行推進強化事業

沖縄県修学旅行推進協議会の開催

県内関係者が緊密に連携し沖縄修学旅行を発展させるため協議会のほか、「平和学習」「商品造成・PR」「宿泊機能」「輸送機能」「教育旅行民泊」の5つの分科会を開催しております。

沖縄県修学旅行推進協議会の開催

修学旅行フェア・説明会の開催

沖縄修学旅行の魅力、学習効果等について、県内事業者と連携しながら全国各地にて幅広く発信を行っております。

海外教育旅行誘致活動及び受入体制整備

沖縄に比較的アクセスのしやすいアジア諸国を中心とした海外からの教育旅行誘致のため営業活動を行っております。また、海外の学校からニーズのある学校交流についても県内学校とのマッチングを行っております。

おきなわ修学旅行ナビ(運営サイト)

当財団が運営する旅行会社や教職員のための修学旅行専門サイト「おきなわ修学旅行ナビ」にて事前事後学習支援等のサポート事業の紹介のほか、県外でのイベント告知など広く発信しております。

運営サイト「おきなわ修学旅行ナビ」

おきなわ修学旅行ナビ(運営サイト)

スポーツ観光誘客促進事業

本県の年間を通して温暖なスポーツ環境を活用し、スポーツツーリズムの普及・定着を図るべく、県内のマラソン・サイクリング・ゴルフ等のスポーツイベント情報や多種多様なスポーツ旅のコンテンツを発信し、「スポーツアイランド沖縄」の形成に向けたプロモーションに取り組みます。

スポーツ観光誘客促進事業

スポーツ観光プロモーション

スポーツ観光プロモーション

国内デジタルプロモーション事業

沖縄観光情報サイト「おきなわ物語」の運用や、マハエちゃんブログ、各種SNS等デジタルを活用したプロモーションを展開し、沖縄観光における基礎情報から最新情報まで幅広く情報発信をおこなっております。 また、台風情報や新型コロナウイルス関連情報などの危機管理情報の発信も行っております。

Be.Okinawaについて

海外プロモーション課

本年度は新型コロナウイルス感染症の影響により海外から沖縄県への入域者数が大きく減少しており、今後もこの傾向が続くことが考えられますが、そのような状況の中、沖縄県の観光産業の回復に向けてOCVBでは1日も早い回復に向けて取り組んでまいります。
具体的には観光需要の回復に向けた取り組みとして、県内の感染防止策の強化並びに水際対策を強化しながら、2020年3月より全便運休(2020/7/08現在)となっている国際航空路線を、国際的にも感染防止策が評価されている台湾を皮切りに、復便に向けて航空会社に働きかけてまいります。
更にクルーズ誘致についても新型コロナウイルス収束後にむけて受け入れの準備を進めてまいります。
OCVBでは 重点市場(台湾、韓国、香港、中国)、戦略開拓市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム)、新規開拓市場(欧米豪露)において航空路線ネットワークの強化、各種メディアを活用した情報発信や将来に向けたマーケティング活動やプロモーション展開を強化し、沖縄観光の更なる国際化を推進します。

海外プロモーション課

海外デジタルプロモーションチーム

WEBサイトやSNSを通じた情報発信、並びにOTA(WEB上で取引を行う旅行会社)や他旅行サイトと連携し、沖縄観光の認知度向上と誘客を図ります。今年度においては、防疫型観光情報や消費単価額向上を目的とした情報などを、昨今の世界情勢を見極め、各市場の特性・時勢にあわせて多言語で展開します。

運営サイト

本県観光情報をインターネットで発信するため沖縄観光情報ウェブサイト「おきなわ物語」では、日英中(繁体字・簡体字)韓の5言語に加え、フランス語、ドイツ語、ロシア語、タイ語の合計9言語での情報発信を行っております。
また、新たな需要に対応できるようコンテンツごとのサイトも展開しており、FacebookなどのSNSを活用し多角的な情報発信に努めます。

テキスト

沖縄観光情報ウェブサイト「おきなわ物語」の運営

サイトを見る

テキスト

観光情報多言語サイトの運営

サイトを見る

テキスト

Okinawa Media Libraryの運営

サイトを見る

テキスト

沖縄観光ビジネスマッチングサイト(英語)の運営

サイトを見る

各エリアでのプロモーション展開

重点市場(台湾・中国・香港・韓国)に加え、観光客数が急激に増加しているASEAN地域や世界的に大きな旅行マーケットである欧州、北米など、各地域ごと、ニーズに合わせたプロモーションを展開しております。

重点市場

台湾、韓国、香港、中国の4市場において、県内防疫観光情報の発信並びに航空路線の復便に向けた取り組み、また世界水準の観光リゾート地を目指す沖縄のリブランディングを図るべく、1人あたりの消費単価向上を目的に高付加価値の旅行商品造成、リピーター化の促進を展開します。

戦略開拓市場

訪日リピーターが急伸するタイ、シンガポール、マレーシアを中心とするASEAN市場において、直行定期便の運航再開へ向けた路線誘致活動、チャーター便の運航促進、 トランジット商品造成、メディアミックスによる高付加価値な情報発信を強化し、沖縄観光ブランドの更なる価値向上を図ります。

新規開拓市場

欧州、豪州、北米、ロシア等において市場動向の把握、関係者とのネットワーク構築、トランジット商品の造成、チャーター便の誘致活動、本県の知名度向上プロモーション等を展開します。
新規開拓市場は、長期滞在傾向にあり、個人旅行が主流であることを踏まえ、沖縄本島に加え離島地域への誘致や、高付加価値の旅行商品造成を展開します。
また、FIT層に向けたオンラインを活用した情報発信を強化します。

クルーズ

本県の外国人観光客誘致で大きなウェイトを占めるクルーズ旅行の中でも、特に経済効果の高いとされるフライ&クルーズやオーバーナイトクルーズの2021年以降の寄港誘致を図るため、世界中の主要なクルーズ船社へのセールス活動、商談会への参加、キーパーソン招聘等を行います。
今年度は、各クルーズ船社が実施している防疫対策を含めた、安全対策の周知拡大を図るとともに、新たにクルーズ専用Webサイトを構築することで、クルーズ客の利便性を高め県内周遊促進に努めるとともに、船社へのコンテンツ紹介を円滑に行い団体ツアーの多様化に取り組みます。
また、県内の港湾を所有する自治体等との連携を強化し、各港湾における受入体制の整備を進めます。

クルーズ情報はこちら

クルーズ

各種支援事業

海外と本県を結ぶ航空ネットワークの維持・拡充を目的に、直行便がない海外市場からの定期便就航及びチャーター便運航、旅行商品造成などを支援します。
また、民間事業者の海外セールス活動を支援し、官民一体となった海外プロモーション活動の強化を図ります。

外国人観光客数の推移

本県を訪れる外国人観光客数は順調に推移していたものの、新型コロナウイルス感染症の影響で令和2年1月から減少し、平成31年度の外国人観光客数は249万400人となり、対前年度比で51万400人、率にして17%減となりました。
今年度も影響は続いており、渡航制限等の影響で、航空路線並びにクルーズの寄港についても厳しい現状が続きますが、今後は官民一体となり、観光客の誘致に取り組んでまいります。

Be.Okinawaについて

外国人向け沖縄観光情報サイト「Be.Okinawa」で、英語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、タイ語など8言語で沖縄の観光情報配信を行なっております。 また、Facebook、微博(weibo/中国版twitter)、instagram、YoutubeといったSNSを活用し、 各市場のニーズに合わせた沖縄観光やイベント出展についての情報発信を行ない、ユーザーとのインタラクティブな関係構築を図っています。

Be.Okinawaについて

県外事務所

東京事務所

OCVB東京事務所では、主に観光・修学旅行・コンベンションの誘致宣伝活動を行なっております。

所在地

  • 〒100-0006
    東京都千代田区有楽町2-10-1
    東京交通会館3階

詳細はこちら

© Copyright Okinawa Convention & Visitors Bureau All rights Reserved.
Page Arrows