OCVBの業務内容Our work

当財団は「世界水準の観光リゾート地」の形成を目指し国や沖縄県、観光事業者等と手を結び、 官民一体となり沖縄観光を推進している団体です。

私たちは、『沖縄観光のプロフェッショナル』としてリーディング産業である観光の発展の舵取り役を担い、観光を通した県民の幸せ づくりに貢献することを経営理念としています。「国内や世界各地での誘客宣伝事業」や「観光客の受入体制の整備」「地域の稼ぐ力 を引き出す観光地域づくり」など、職員が一丸となり沖縄の新たな魅力の創設に日々取り組んでいます。

総務部 General Affairs Department

総務部では、経営に関する各種委員会の運営など組織経営の全般を担っています。
組織に関する情報や各部署・事務所・事業所の事業内容をOCVB運営サイトや各メディア、SNSを通じて広く発信しています。
また、沖縄観光親善使節「ミス沖縄」及び沖縄観光PR大使「花笠マハエ」「マハ朗」の事務局を運営しており、国内外の沖縄観光関連イベントにおいて本県の観光PRや親善交流を行っています。

総務・経理課

組織・人事・給与など労働環境整備や、予算決算・財産管理・評議員会・理事会に関する事項など、経営全般に関する業務を遂行し、円滑な組織運営を行います。

主要な業務

  • 経営管理業務(人事/総務/経理/法務)
  • 企業広報
  • 賛助会員事務局
  • ミス沖縄事務局
  • 賛助会員向け会報誌「OCVB News」の運営
  • 求人要項を見る
総務部
総務部
  • 求人要項を見る

企画・施設事業部 Planning / Facilities Division

国や県をはじめ、関係各所と密に連携を図りながら、観光危機管理に関する先導的な取り組みを実施するとともに、観光産業における現状と課題を抽出・把握し、課題解決に向けた分析と施策の提案等を行います。 また、沖縄観光の新たな基盤となる「新規観光プロジェクト」の実現に向けて積極的に取り組むとともに、沖縄観光の起爆剤となる新たな観光資源を発掘、創造していきます。

企画課

■広域連携DMO推進業務

観光庁はじめ中央省庁、沖縄県、民間企業、日本観光振興協会、県内外DMO等多様な関係者と連携する一方、当財団においては組織横断的な調整機能を発揮し各部門と協力のもと、OCVB全体で効率的な観光地経営(DMO)を推進します。 ※DMOは「観光地経営」の視点に立った観光地域づくりの舵取り役として、多様な関係者と協同しながら、明確なコンセプトに基づいた観光地域づくりを実現するための戦略を策定するとともに、 戦略を着実に実施するための調整機能を備えた法人のこと。

広域連携DMOの3つの機能

  • (1)「地域の稼ぐ力を引き出す」ためのマーケティング機能
  • (2)「多様な関係者との関係構築」のためのマネジメント機能
  • (3)「受入環境整備」のためのマネジメント機能

主要な業務

  • 自主事業(サイクリングシェアサービス・ちゅらちゃり事業など)
  • 観光危機管理支援対策事業
  • 各事業所の運営
  • (1)ブセナ海中公園事務所
  • (2)旧海軍豪司令部豪事業所・海軍豪公園
  • 求人要項を見る
企画・施設事業部
企画・施設事業部
  • 求人要項を見る

誘客事業部 Customer Service Division

沖縄観光の安定的な発展のため、国内・海外での効果的なプロモーション事業を推進し、マーケットニーズに即した誘客活動の展開や、 沖縄を結節点とするトランジット観光を推進するなど、観光地としての沖縄ブランドの確立に向け誘客事業に取り組みます。

国内プロモーション課

県内外の企業団体と連携しながら、全国各地の誘客イベントや物産展・旅行博覧会等での宣伝誘致活動や、各メディア(テレビ・新聞・ウェブサイト等)を通して沖縄の魅力溢れる観光情報を発信し、国内観光客の更なる誘客促進を図ります。 また、3つのテーマ「国内外からの教育旅行・離島観光・スポーツ」に焦点を絞り、それぞれのマーケットの特性やターゲット、現状に即した事業展開を行っています。

主要な業務

  • メディアミックス事業
  • 航空会社/旅行会社連携プロモーション
  • 沖縄関連県外イベント
  • 世界自然遺産登録に向けたプロモーション
  • 教育旅行推進強化事業
  • 離島観光活性化促進事業
  • スポーツ観光誘客促進事業

海外プロモーション課

沖縄県が策定した沖縄県観光振興基本計画(第5次)では、2021年度までに入域観光客数1200万人、観光収入1兆1000億円を目標数値として設定しています。 そこでOCVBでは空路や海路を利用する観光客の伸び率を踏まえ、2019年度の外国人観光客数の目標数値を324万人と設定し、海外での誘致活動を強化しています。 重点市場(東アジア)、戦略開拓市場(東南アジア)、新規開拓市場(欧米豪露)において、「航空路線ネットワークの強化」「各種メディアを活用した情報発信」 「将来に向けたマーケティング活動」「プロモーション展開」を強化し、沖縄観光の更なる国際化を推進します。

主要な業務

  • 各市場への誘致宣伝活動、受入体制の強化
  • (1)重点市場(台湾、韓国、香港、中国)
  • (2)戦略開拓市場(タイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナム等)
  • (3)新規開拓市場(欧米、北米、豪州、ロシア等)
  • クルーズの推進
  • 各種支援事業
  • 求人要項を見る
誘客事業部
誘客事業部
  • 求人要項を見る

受入事業部 Acceptance Division

観光客のニーズを踏まえつつ、世界水準の観光リゾート地にふさわしい受入体制の整備に取り組むとともに、映画やドラマ等で活用した情報発信、「沖縄MICE振興戦略」を踏まえたMICEの誘致・受入等を推進します。

受入推進課

沖縄県が発表した「沖縄21世紀ビジョン基本計画」で掲げられている「世界水準の観光リゾート地の形成」の実現に向けて、 「人材育成」と「地域連携」を大きな柱とし、下記4つの実現に向けて、沖縄観光産業の地位向上と持続的発展を目指します。

  • (1)観光客の満足度向上
  • (2)リピーターの獲得
  • (3)国際観光地としての評価向上
  • (4)雇用した人材の定着促進

主要な業務

  • 観光人材育成センター事業
  • 沖縄観光受入対策事業
  • 外国人観光客受入態勢強化事業
  • 沖縄フィルムオフィス事業

MICE推進課

沖縄県が策定した「沖縄MICE振興戦略(2017年度―2026年度計画)」に基づき、国際的なビジネスネットワーク拠点の形成とMICE開催地としてのブランド確立をめざし、 経済界・産業界、大学等研究機関、学会・協会等の各種団体、行政関係団体と連携し、MICEの誘致促進・受入整備に取り組んでいます。 ※「MICE」とは下記4つの頭文字を使った造語で、これらのビジネスイベントの総称です。

  • (1)Meeting … 企業等の会議
  • (2)Incentive Travel … 企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)
  • (3)Convention … 国際機関・団体、学会等が行う国際会議
  • (4)Exhibition/Event … 展示会・見本市、イベント

主要な業務

  • MICEの誘致
  • MICE開催支援
  • MICE関係人材の育成及び資源開発
  • 県内MICE推進体制の構築
  • 求人要項を見る
受入事業部
受入事業部
  • 求人要項を見る
© Copyright Okinawa Convention & Visitors Bureau All rights Reserved.
Page Arrows