2018.11.29
沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良 朝敬、以下OCVB)は、去る11月28日に外国人観光客の利便性向上ならびに観光消費額の増加を図るべく、キャッシュレス決済サービスに関するセミナー及びパネルディスカッションを開催いたしました。
 
主催者挨拶として、沖縄県文化観光スポーツ部観光振興課雉鼻副参事より、「沖縄観光は入域観光客数が順調に推移している一方、消費額の伸び悩みが沖縄観光の課題の一つとなっている。沖縄県では今後も本セミナー等を通じ、キャッシュレス化の普及啓発を重点的に行い、外国人観光客の満足度向上及び消費拡大を図り、付加価値の高い観光リゾート地の形成を目指していきたい。」とご挨拶いただきました。
 
「インバウンドのキャッシュレス対応を見誤るな!業種別の工夫と受け入れ準備でインバウンド消費をつかめ!!」と題したセミナーでは、一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)の吉川廣司氏よりご講演いただきました。セミナー内では日本における今後のインバウンド動向、インバウンドの変化に対応した新たな商品開発やプロモーション、キャッシュレス決済の種類と対応方法などを中心にお話しいただきました。
 
セミナー後に開催されたパネルディスカッションでは、株式会社リウボウインダストリーの髙岡義泰氏と株式会社上間フードアンドライフ及び株式会社U&Iの上間喜壽氏をパネリストに迎え、実際にキャッシュレスを導入している企業として、現場スタッフの対応状況やキャッシュレス導入のメリットやデメリット、導入するにあたりハードルをいかにクリアしたか、などについてお話しいただきました。
 
参加者からは実際のキャッシュレスの利用率や現地スタッフの必要性、キャッシュレスサービス会社の選定方法など、具体的な質問があがり、参加者のキャッシュレス導入に関する意識の高さがうかがえました。
 
OCVBでは、今後も県内観光関連事業者のキャッシュレス決済サービス導入促進に向けてセミナー実施ならびに情報発信を図ってまいります。
 
【概要】
■キャッシュレスセミナー
 「インバウンドのキャッシュレス対応を見誤るな!
  業種別の工夫と受入準備でインバウンド消費を掴め!!」
講師:一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)
   事務局次長 吉川 廣司氏
 
■パネルディスカッション(キャッシュレス導入企業による事例紹介)
パネリスト: 
・髙岡 義泰氏(株式会社リウボウインダストリー 経営企画室室長(兼)営業統括部部長) 
・上間 喜壽氏(株式会社上間フードアンドライフ、株式会社U&I 代表取締役社長)
 
【日   時】 平成30年11月28日(水)14:00~16:30
【場   所】 ノボテル沖縄那覇 2階 ラーボ
【主   催】 沖縄県・OCVB
【対   象】 県内観光関連事業者、各市町村、各観光協会等
【参 加 人 数】 61社83名
 

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 名嘉山、石垣、比嘉
TEL 098-859-6129
FAX 098-859-6222