2019.02.25
 沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、教育旅行として本県に来訪し、民家にて宿泊を伴う体験学習を実施する沖縄教育旅行民泊プログラムの安全・安心で教育的価値の高い沖縄県独自の教育旅行民泊ブランド構築を目的に、教育旅行民泊コーディネーター研修を実施します。
 「教育旅行民泊コーディネーター」とは、教育旅行を受け入れる民家の総合窓口である受入団体に所属し、学校や旅行会社との事前調整及び受入民家との密接な連携や協働の上で、教育旅行民泊の「安全・安心」に係る品質を管理する担当職員のことを指しています。
 本研修では、受入団体が教育旅行民泊を実施する上で必要な関係法令の講習や安全対策及び事故等への対応に係る必要な事項に関する知識及び資格取得を目指します。
 近年、文部科学省が定める学習指導要領の改訂や海外からの教育旅行団体の増加等により、ますます教育旅行に求められるプログラムのニーズが多様化しております。
 OCVBでは、引き続き国内外からの教育旅行誘致および受入環境整備に力を入れ、より充実した沖縄教育旅行プログラムを提供できる環境整備に取り組んでまいります。
 
 ※地域観光協会等、全36団体(平成31年2月現在)
 
概 要:
「沖縄における教育旅行民泊取扱指針」に基づき、コーディネーターの育成を目的として、県内で教育旅行民泊を取り扱っている団体の全体的内スキルアップを図るため教育旅行民泊コーディネーター研修(座学、実技)を実施する。また、受講対象者が県内全域に分散しているため、北部と南部の2会場で開催する。

内 容:
 ① 関係法令についての基礎的な知識
 ② 安全対策及び事故等への対応に係る必要な事項に関する知識及び資格
 ③ 地域の自然・歴史文化・産業等に関する基礎知識
 ④ 生徒等の個性や特性に応じたコミュニケーション手法に関する基礎知識
 ⑤ 受入マニュアルに基づく継続的な安全・安心の教育旅行民泊の管理・運営
 ⑥ 受入民家との信頼関係の構築
 ⑦ 学校・旅行会社・地域保健所・病院・消防・観光関連施設等、関係各所
   との調整

日 程:
【北部会場】平成31年2月27日(水)、2月28日(木) 9:30~19:30(両日)
【南部会場】平成31年3月1日(金)、3月2日(土) 9:30~19:30(両日)

費 用:NEAL認定料:5,000円、救急法認定料:2,700円

定 員:各会場 25名 

締切日:平成31年2月18日(月)

 
「教育旅行民泊コーディネーター研修」ご案内資料  「教育旅行民泊コーディネーター研修」ご案内資料

この件に関するお問い合わせ

部署名 誘客事業部 国内プロモーション課
担当者 山城・山内
TEL 098-859-6125
FAX 098-859-6222