2019.02.25
 沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、外国人観光客の傷病発生時において、観光従事者が速やかに対応できる方法を習得することを目指し、「観光従事者向け 病気!ケガ!の外国人観光客対応セミナー」を実施いたします。
 平成30年に本県を訪れた外国人観光客数は対前年比14.2%増となる約290万人を記録しました。平成30年に観光庁が実施した「訪日外国人旅行者の医療に関する実態調査」によると、訪日観光客の約6%が予期せぬ病気、ケガに見舞われたとの統計もあります。今後も増加が見込まれる外国人観光客の不慮の病気やケガへの対応強化は本県にとっても急務となっております。
 本セミナーでは、沖縄県とOCVBが作成した「病気!ケガ!の外国人観光客対応ハンドブック」の内容をもとに基本的な対応方法の紹介を中心とします。傷病発生時の事例動画を活用し、専門家のゲストから外国人観光客が日本人患者と異なる点や、薬局、病院、救急隊へつなぐ際に心がけたい事項など具体的な行動についてお話しいただきます。また、消防の指導に基づく救命講習を通じ、実践的な対応方法を習得します。本セミナーは昨年11月に宮古・八重山で実施し、合計59名の観光関連事業者の皆様にご参加いただき、沖縄本島北部での開催は今年度初となります。(平成29年度那覇市にて実施済。)
 OCVBでは、今後さらに増加が見込まれる外国人観光客に対し、医療・消防などの関連機関と連携し、本県の各地域における安心・安全な観光地の受入体制の整備に取り組んでまいります。

<セミナー概要>
【日時】平成31年3月6日(水) 14:00~16:45
    ホテルゆがふいんおきなわ あけみおの間
【主催】沖縄県・OCVB
【協力】名護市消防本部、沖縄県立北部病院
【対象】観光従事者、観光協会、市町村等
【定員】30名 FAXまたはメールでの事前申込要。
【教材】病気!ケガ!の外国人観光客対応ハンドブック&
    多言語コミュニケーションシート
【セミナー詳細】
 https://inbound.ocvb.or.jp/oin/event/1011

(2019.3.11追記)
活動報告はこちらからご確認ください。
 
「病気!ケガ!の外国人観光客対応セミナー」ご案内資料  「病気!ケガ!の外国人観光客対応セミナー」ご案内資料

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課
担当者 久田・大城・比嘉
TEL 098-859-6129
FAX 098-859-6222