2019.05.10
このたび、観光客が滞在中に麻しんの症状が現れ、離沖後に麻しんと診断されたとの報告が沖縄県よりありました。

現在までに判明している接触者(当該患者と接触または同一空間を共有した方)については、管轄保健所が個別に健康観察を行い、感染拡大防止に努めておりますが、患者と接触した方が 21 日以内(5月 18 日まで)に麻しんを発症するおそれがありますので、観光関連事業者の皆様におかれましては、麻しんはワクチン接種で予防できますので、積極的に検査、予防接種等、感染拡大防止にご協力いただけますようお願い申し上げます。
 
詳細は下記リンク「沖縄県庁」内資料をご覧ください。
麻しん(はしか)患者の県内での行動について(沖縄県庁HPより)  麻しん(はしか)患者の県内での行動について(沖縄県庁HPより)

この件に関するお問い合わせ

部署名 沖縄県保健医療部地域保健課(代表)
TEL 098-866-2215
FAX 098-866-2241