2019.09.25
 一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎、以下OCVB)は、外国人観光客の多様化する食対応のレベルアップを目的にセミナー及びパネルディスカッションを県内2会場で開催いたします。
 
台湾には人口の約10%ものベジタリアンがいることをご存知でしょうか。平成30年度の台湾人来沖観光客数は91.7万人なので、昨年度は約9万人の台湾人ベジタリアンが来沖したことになります。ベジタリアン、ヴィーガン、ムスリムなど多岐に渡る食の禁忌について今一度整理し、外国人観光客の皆様をしっかり受入られるようレベルアップを図りましょう。
 
本セミナー第一部では、「外国人観光客×食事」を切り口に多様化するニーズと対応事例についての基調講演を行い、第二部では、日々国内外のお客様が訪れる観光施設の飲食部門責任者をパネリストにお迎えしパネルディスカッションを行います。参加者の皆さまから事前に集めた質問をテーマに取り入れ、飲食店で共通する課題やそれを解決するための知識やひと工夫について迫ります。
 
さらに昨年度に引き続き、会場内にてベジタリアン、ヴィーガンに対応する食品の試食会および商品の展示を実施。昨年度は、当該試食会に出されたカレーソースが県内2社で導入された実績があります。
各会場ともに参加無料。事前申し込みが必要となります。
 
 
■多様な食対応レベルアップセミナー概要
〇南部会場(定員100名)
日時:令和元年10月24日(木)14:00~16:30(受付13:30)
場所:沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハ7階シェルホール

〇北部会場(定員80名)
日時:令和元年10月25日(金)14:00~16:30(受付13:30)
場所:ハレクラニ沖縄3階ハウテラス
 
 
※申込み方法の詳細は添付データをダウンロード頂くか、下記リンクをご確認ください。
「多様な食対応レベルアップセミナー」チラシ  「多様な食対応レベルアップセミナー」チラシ 沖縄インバウンドnet  沖縄インバウンドnet

この件に関するお問い合わせ

部署名 誘客事業部 海外プロモーション課
担当者 安仁屋、下地
TEL 098 859 6127