2019.10.08
沖縄県・一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地 芳郎、以下OCVB)は、沖縄のロケ地としての魅力を発信、県内での映像制作に繋げることを目的に、釜山国際映画祭と同期間中に開催される「アジアン・フィルム・マーケット(AFM)」に出展し、世界各国の映像関係者に向けてロケ地としての沖縄の魅力を発信しました。
 
商談会では、実績のある映画監督、プロデューサーに対し、沖縄県内での撮影誘致や各映画祭での県内作品上映に向けたセールスを実施しました。
また、本映画祭ではAFCNet総会も行われ、AFCメンバーに所属するOCVB(沖縄フィルムオフィス)は、アジアのフィルムコミッションとの連携を深め、アジア以外からの映画等の誘致に向けた話し合いをしました。
 
沖縄県及びOCVBでは、今後も映像作品を通じて本県の魅力を発信することにより、各市場からの誘客を図ってまいります。
 

商談件数:35件(プロデューサー、監督、製作会社、配給会社、映画祭)
出 張 者:沖縄県ソウル事務所所長 平安常幸
              OCVB受入事業部部長 下地貴子
              OCVB沖縄フィルムオフィス 島袋、川田、嘉陽
 

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部受入推進課
担当者 島袋、嘉陽
TEL 0988596163