2020.01.31
 沖縄県、一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:下地芳郎、以下OCVB)は、県外で発生した災害から学び、観光危機からの観光産業の復旧と復興について考える「沖縄観光危機管理シンポジウム」を開催いたします。

一年を通して観光客が多く訪れる本県では、万が一、災害等により観光危機となった場合でも、観光客や観光産業への影響・被害が最小限に抑えられるよう、全県的な観光危機管理体制構築に向けた取り組みを実施しております。
今回の講演では、熊本県と宮城県より講師をお招きします。まず、熊本市経済観光局の三島健一氏より、熊本地震により大きな被害を受けた熊本城の復旧・復興に向けた取り組みや今後の予定をお話しいただきます。続いて宮城県亘理郡山元町副町長樋口保氏より「東日本大震災からの観光復興」と題して、震災後の観光産業の復旧・復興に向けた観光復興予算確保に向けた取り組みや現在の取り組みをお話しいただきます。講演後のパネルディスカッションでは、過去の災害対応事例をもとに、観光危機発生後の観光誘客及び観光産業の早期復興に向けた対策や対応、課題解決に向けた取り組みを、沖縄県内の行政及び観光関連事業者とともに考えてまいります。

OCVBでは今後も、災害や危機に強い観光地を目指し、関係各機関と連携し、本県の観光危機管理対策強化に努めてまいります。
 
■「沖縄観光危機管理シンポジウム」(平成31年度観光危機管理支援対策事業)
日 時:令和2年2月7日(金) 13:30~17:00 ※13:00開場
主 催:沖縄県・OCVB
場 所:ノボテル沖縄那覇 ルシエル(B1)
対 象:国、県、市町村、観光協会、観光関連団体・事業者、その他参加希望の県民
内 容:講演、パネルディスカッション 

この件に関するお問い合わせ

部署名 企画・施設事業部 企画課
担当者 上里、池間
TEL 098-859-6126