新型コロナウイルス感染症 沖縄県外からの持ち込み(移入)例、来県中の陽性判明例について

2021.02.25

沖縄県外からの
持ち込み(移入)例
沖縄県外居住者の、沖縄県における
コロナウイルス感染症陽性判明例
5.5%(6,234件中341件) ※1 1.3%(10,194件中131件) ※2
※1「推定感染源の推移 発症月別集計 (推定感染源の推移 発症月別集計(7月~2月4日(n=7,607) 」(新型コロナ対策本部総括情報部より
※2「沖縄県におけるコロナウイルス感染症陽性者の状況(第304報:令和3年4月7日)」より

7月以降の感染経路について、沖縄県衛生環境研究所が分析を進めたところ、推定感染源のうち、沖縄県外からの持ち込み(移入)例の占める割合は5.5%となっており、沖縄県内における感染拡大の要因は、「GoToトラベルキャンペーン」などを利用した県外観光客からの持ち込みよりも、「会食・会合」による感染(36.1%)、「家庭」内感染(24.3%)など、県内での感染経路が主となっています。
※「県外からの持込」には:「県外来訪者」の他、「県民の往来」「県外来訪者と接触した県民」も含みます。


「沖縄県におけるコロナウイルス感染症陽性者の状況」によると、これまでの沖縄県内での陽性者のうち、県外居住者の占める割合は1.3%となっています。(*2)
また、延べ約5000万人泊を超える全国の「GoToトラベルキャンペーン」利用者のうち、新型コロナウイルスの陽性と診断された方は309名(※2020年12月17日現在)にとどまっています(*3)

【2020年12月1日追記】
令和2年11月30日、沖縄県より「GoToトラベル事業については、県外からの感染事例が少ないことや、経済団体から同事業に対する期待が大きいこと等から、対象地域からの除外は求めないこととする」旨の発表がありました。
あわせて、来訪される皆さまに是非守っていただきたい事項についても発表されております。

 ①旅行の1週間前からは、感染対策を徹底するとともに、体調不良時は旅行を控えること。
 ②手洗いやマスク着用、三密回避など、基本的な感染対策を、旅行中も引き続き、しっかり行うこと。
 ③旅行中の会食は、来訪したメンバー内で行い、4人以下、2時間以内とすること。

  例えば6人、7人の旅行でも、会食の際は分散して4人以下となるようにしてください。 (*4)


 沖縄県においては、旅行者と県民の皆様の安全・安心を守るため、徹底して感染予防・拡大防止に取り組んでおります。引き続き、皆様のご理解とご協力の程、何卒宜しくお願い致します。

*1「推定感染源の推移 発症月別集計 (推定感染源の推移 発症月別集計(7月~2月4日(n=7,607) 」(新型コロナ対策本部総括情報部)
 
*2 沖縄県「沖縄県におけるコロナウイルス感染症陽性者の状況」(沖縄県公表)

*3 国土交通省 赤羽大臣会見要旨(12/18発表)

*4 沖縄県知事コメント(12/28発表)(沖縄県公式WEBサイト)


【参考】 
■沖縄へお越しの旅行者のみなさまへ

■LINEコロナお知らせシステム「RICCA(リッカ)」について

■コロナ感染対策に取り組む観光施設

■旅行者の安全・安心アクションプラン 沖縄Tour Style with コロナ、旅行者専用相談センター沖縄

■新型コロナウイルス対応に関するガイドライン一覧
© Copyright Okinawa Convention & Visitors Bureau All rights Reserved.
Page Arrows