2018.10.25
 
沖縄県および一般財団法人沖縄観光コンベンションビューロー(会長:平良朝敬、以下OCVB)は、外国人観光客が不慮の病気・ケガにより、やむを得ず医療を必要とする際に、県内の医療機関が適切に対応できる院内体制を整えられるよう、医療機関職員を対象に、「外国人患者受入医療コーディネーター養成研修」を実施致します。
外国人患者の受入については院内にノウハウが乏しいことが多いため、先進機関の成功事例を学ぶとともに、同じ課題に取り組む講師や他院とのネットワークをつくることが重要となってきています。県内で外国人患者受入が比較的多い医療機関を対象に、本研修を県内で初開催することにより、各医療機関の外国人患者受入態勢整備の一助となることを目指すほか、本件に関する県内医療機関のネットワークづくりを目指します。

※「外国人患者受入医療コーディネーター」とは:
 院内において外国人患者受入体制整備の中心的役割を担うとともに、外国人患者の来院時に安全かつ円滑に医療を提供するための院内外の調整を行う者。厚生労働省は医療通訳システム導入支援とあわせて全国の医療機関への配置支援を行っています。

<研修概要>
【日時】平成30年11月14日(水)10:00-17:30、15日(木)10:00-18:20
【場所】ダブルツリーヒルトンby那覇首里城
【主催】沖縄県・OCVB
【対象】県内医療機関に従事し、研修後、外国人患者受入態勢整備の推進を担う方
    ※外国語のスキルは問わない。
【定員】40名程度 ※1医療機関につき2名まで
【内容】座学
  • 外国人患者受入に関する知識(多言語対応、未収金対策、保険対応等)
  • 外国人患者受入現場における実践的スキル
  • 組織の課題発見・分析スキル(ワークの実施)
  • 組織の課題を解決するためのスキル 等
※講師=外国人患者受入経験が豊富な医療機関や外国人受入の専門家
【研修実施主体】株式会社メディフォン、(一社)ジェイ・アイ・ジー・エイチ
 
「外国人患者受入医療コーディネーター養成研修」パンフレット  「外国人患者受入医療コーディネーター養成研修」パンフレット

この件に関するお問い合わせ

部署名 受入事業部 受入推進課 
担当者 大城・久田・比嘉
TEL 098-859-6129
FAX 098-859-6222